2012/02/12

キクチマジックVer2.00

キクチマジックの最新版(Ver2.00)を公開します。

・よりわかりやすくシンプルに

Kikuchi2

・ISSや金星の太陽面通過に便利な比較「暗」合成を追加

Isskikuchi

・これに伴い、KikuchiMagickを正式名称にしました(これまではLightenCompositeだった)

《注意》 インストールの前に、旧バージョンの「LightenComposite」をアンインストールして下さい。

アンインストールは、「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」(読み込みにしばらく時間がかかります)とし、一覧から「LightenComposite」をクリックして、「変更と削除」をクリックして下さい。


その後、菊地さんのHPにあるリンクからVECTORにあるプログラムをダウンロードし、インストールしてください。


KikuchiMagick(キクチマジック)はフリー(無料)ソフトです。プログラムのダウンロードサイト「VECTOR」はウイルスチェックをしたソフトのみが掲載されており、一定の安全性が担保されています。


| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010/08/19

日本語フォルダー問題を修正

すでに制作者のKikuchiさんからコメント欄に紹介がありましたが、LightenCompositeの修正バージョンが公開されました。

画像が入っているフォルダーが日本語だった場合にエラーとなり、合成が失敗する問題を修正しています。新バージョンはLightenComposite 1.0.1です。

今回から、バージョンアップの際に旧バージョンをアンインストールする必要はなくなり、そのままインストールしていただければバージョンアップできるようになっています。

動作のご報告、お待ちしていま~っす!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/08/06

KikuchiMagick、マルチコアCPUでの不具合を修正

KikuchiMagick こと LightenComposite で、7枚以下の画像を合成しようとするとエラーが出る問題を修正しました。

core i7 など複数のコアを持つcpuを使っているパソコンで、合成しようとする画像の枚数がcpuの数より少ない場合に問題がでます。数十枚以上コンポジットされる場合には発生しません。修正版は、LightenComposite Ver1.0.0 です。インストールする前に、あらかじめ今までのバージョンをアンインストールしておいてください。

星空の合成では数十~数百、数千枚を合成しますから、これまで問題は顕在化していませんでした。その後、蛍や花火などを数枚だけ合成されるケースが増え、この報告が挙がるようになっていました。

また、今回から、ソフトはvectorに置いています。サーバーの負荷を減らすためと、第三者にウイルスチェックをしてもらうことで客観的な安全性を担保するためです(ソフトの反映に数日かかるデメリットもありますが)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/04/02

KikuchiMagick修正

ソフトを立ち上げた際にエラーが出てしまう不具合(何度かやり直すと動く)を修正しました。まだ原因が確定していませんが、私の環境ではエラーが出なくなっています。新バージョンは0.1.3です。

これまでのバージョン(0.1.2)でもコンポジット自体に問題はございませんが、エラーが気になる方は再インストールしていただけると幸いです。

■まず 0.1.2 を「プログラムの追加と削除」からアンインストールする(新バージョンをインストールしても、旧バージョンは勝手にアンインストールされませんので、あらかじめ削除しておいてください)

(2010/8/18更新)すでに新しいバージョンが公開されています。最新情報はこちらから入手してください

■使い方などは変わってませんから、こちらのページか、ReadMe.txt を参考にしてください

例によって、結果報告お待ちしていま~す (^o^)/

| | コメント (38) | トラックバック (0)

2008/03/02

シャア専用KikuchiMagick

大量の画像を、簡単に比較(明)コンポジットすることができる KikuchiMagick for Windows が、大幅にカンタンになって生まれ変わりました(正式名称は LightenComposite、Kenさん作成)。

Kikuchi3_2 

  • ImageMagickのインストール不要
  • コマンドラインからの命令も不要
  • これはもう、普通のソフトです(笑)

さらに、マルチスレッドに対応するなど、機能は大幅に強化されました。Pentium4 などのハイパースレッジングCPUや、Core2Duo といったデュアルコア以上のCPUで、計算が高速化されます。私の Pentium4 マシンでは、コンポジット速度が2~3倍になりました。すでにこれは赤い彗星・・・シャア専用KikuchiMagickと言えるでしょう。

 ■インストール

こちらのページからLtCompositeSetup-0.1.2.exeをダウンロードし、実行してください。自動的に解凍され、インストールが始まります。

(2010/8/18更新)すでに新しいバージョンが公開されています。最新情報はこちらから入手してください

 ■使い方

「参照(1)」ボタンを押して、コンポジットしたい画像が置かれているフォルダを選びます。「サブフォルダも処理する」にチェックを入れれば、そのフォルダの下にあるすべてのフォルダの画像も処理対象になります。

Kikuchi1

次に「参照(2)」ボタンを押し、合成した画像を保存したい場所を選びます。

Kikuchi2

名前はデフォルトで「output」、出力形式は「jpg」になっています。いずれもお好きな名前、形式に変えられます。例えば、bmp形式で保存したい場合は、ファイル名を

orion.bmp

などとしてください。ファイル名で bmp、tif などのファイル形式を指定すれば、「ファイルの種類」にある *.jpg の属性は無視されますので、変更しなくて大丈夫です。

そして、「実行」ボタンを押せば、コンポジットが始まります。

Kikuchi3_3

シングルCPUだと「1スレッド実行中」、マルチコアCPUだと「2スレッド実行中」などとなります。

 ■注意点

本ソフトは、Windows Vista、XP、2000 (いずれも32bit)で動くことを一応確認しましたが、すべての環境については検証していません。

まれに、ソフトを立ち上げて実行しようとした瞬間に、ウインドウズがエラーを起こす場合があります。その場合は、もう一度、このソフトを立ち上げて再度実行してください。この不具合の原因は現在調査中です。

そのほかのサポートなどに関しましては、解凍後に作られる ReadMe.txt をお読みください。こちらのページでもなるべく対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

結果報告もお待ちしております (^o^)/ 。最後になりましたが、本ソフトを作成くださったKenさんに感謝いたします。

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2008/02/05

KikuchiMagick 公開

大量の比較(明)コンポジットをするのに私が使っているソフト「KikuchiMagick」(Kenさん作成)を公開します。

(2010/8/18更新)最新バージョンについてのはこちらから入手してください

フォルダにある数百~数千枚の画像データ(jpgでもbmpでもOK)を自動でコンポジットし、好きな形式で保存できます。ベースはフリーソフト「ImageMagick」ですから、無料で、使いこなせばかなりの自由度があります。

ただ、とっかかりはちょっと難しいかもしれません。また、動作はWindowsXPでしか検証しておりません。さらに、私自身が作成したソフトではないため、サポートにはおのずと限界があります。しかし、稼動すればかなり強力なツールです。

インストールの流れは、以下のようなものです。

  1. おまじないをする
  2. ImageMagickをインストールする
  3. KikuchiMagickをインストールする
  4. 使ってみる

(1)まず、おまじないです

これは冗談ではなくて、英語のソフトを入れるために必要な地ならしのようなものです。

  • コンピュータのユーザー名が日本語になっている方は、英語にしてください
  • 特に「ばびぶべぼ」など濁音が入っている場合は必ず「masanobu」などにしてください
  • フォルダ名は半角英数字で表記するほうが安全です

(2)ImageMagickをインストールします

こちらのページの左にある「Binary Releases」の下の「Windows」を選びます。

Ima01

2008年2月現在の最新バージョンは「ImageMagick-6.3.8-4-Q16-windows-dll.exe」なので、これの「HTTP」の下にある「 Download 」をクリックしてダウンロードし、実行します。「発行元を確認できませんでした、実行しますか?」とか、ノートン先生が「実行するな」などと言ってくるかもしれませんが、実行してください。途中、規約に同意する「I accept the agreement」を選択します。保存先は、そのままでかまいません。どんどん「Next」を選択してください。

Ima03

上のチェックは、そのままでかまいません。

これで、インストールは終了です。

 

じゃ、ちゃんとImageMagickをインストールできたか、コマンドプロンプトを立ち上げて試してみましょう。

まず、「スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプト」で黒い画面を立ち上げます。この黒い画面にキーボードから命令を打ち込むのが、このソフトの特徴です。

Com

C:\Documents and Settings\YourName>_

となっていると思います。Vista だと

C:\users\YourName>_

かもしれません。

さて、試しに今から、マイドキュメントにあるマイピクチャの中の、例えば「2008-02-05」というフォルダに移動し、 a.jpg と b.jpg という二つの jpg ファイルを明るい方合成して result.bmp をつくってみます。まず、画像ファイルがあるフォルダまで移動します。

cd my documents

と打ってリターンキーを押します。cdとはチェンジ・ディレクトリという意味です。さらに

cd my picture

cd 2008-02-05

とします。これで、そのフォルダに移動しました。「そんなディレクトリはねぇよ」と言われる場合は、

dir

と打ってみてください。そのフォルダ内にあるフォルダの一覧が現れます。Vista だとマイドキュメントは「documents」、ピクチャは「pictures」のようです。一つ上の階層に戻りたい場合は、

cd ..

と打つと1階上がれます。

さて、画像ファイルのあるフォルダに行きましたら、次のように打ちます。↓で composite と -compose の間など、アキがあるところはスペースで開けます。

composite -compose lighten a.jpg b.jpg result.bmp

と打ち込んでリターンしてみてください。もちろん、a.jpg や b.jpg は実際に存在する画像ファイルの名前ですよ。合成後の result.bmp はお好きな名前でOKです。jpg で出力したければ result.jpg とすれば jpg になります。数秒かかりますが、そのフォルダに result.bmp というファイルができましたか? できていれば成功です。

ImageMagickのさらに詳しい使い方は、こちらのページで解説されています。

(3)さあ、いよいよ KikuchiMagick のインストールです。

こちらをクリックして KikuchiMagick の本体である「composite_all.exe」をダウンロード し、「実行」でなく、「保存」してください。保存先はどこでもOKですが、とりあえずマイドキュメントがよいでしょう。

そしてこの composite_all という 実行ファイルを、ImageMagick と同じフォルダに移動(もしくはコピー)させてください。ImageMagickと同じフォルダとは、「マイコンピュータ→ローカルディスク(C)→Program files→ImageMagick-6.3.4...」のことです。単にその中に置いておくだけでOKです。

(4)じゃ、使ってみましょう。

今から、マイドキュメントの中の my picture の中の例えば 2008-02-05 というフォルダにある 01.jpg、02.jpg、03.jpg、、、10.jpg という10個の jpg 画像を明るい方合成して result.bmp をつくってみます。コマンドプロンプトを立ち上げて、さきほどのように移動します。

cd my documents

cd my picture

ここでご注意を。今回は、画像ファイルがあるフォルダまででなく、1階層上のフォルダで止めておきます。ここで、次のコマンドを打ちます。今回は「composite」ではなく「composite_all」で始まりますのでご注意を。また、「_ (アンダーバー)」は右下の shiftキーの左の「ろ」です。

composite_all -compose lighten 2008-02-05 .jpg result.bmp

これで、2008-02-05というフォルダの中にある、ずべての jpg ファイルを明るい方(lighten)合成した result.bmp という画像ファイルが、今いるフォルダ(2008-02-05の1階層上)に作られます。正常なら、コマンドプロンプトに「10個のファイルをコンポジットします」というメッセージが出るはずです。

経験上、1個のファイルをコンポジットするのに5秒くらいかかります(Pentium4、3.0GHz)。10個だと1分弱です。プログラムの経過はコマンドプロンプト上に現れるので、随時確認可能です。

ここでこのプログラムが動いている最中に、result.bmp を別のビューアなどで確認しないでください。うまくいけば途中経過が見られますが、ファイルが壊れることもあります。そうすると、初めからコンポジットしなおしになりますので。

 

以上で、500コマだろうが、5000コマだろうが、コンポジットできるはずです。もし疑問点などございましたら、遠慮なくご質問ください。最後になりましたが、プログラムを作成し、ご提供くださった Kikuchi Ken さんにお礼申し上げます。

【2月16日追記】

当初、このページにミスがありました。現在は修正しておりますが、これ以前に KikuchiMagick をダウンロードされていて、以下のような不具合が出てらっしゃる方は、下に解決方法を示しますので変更をお願いします。お手数おかけして申し訳ございませんでした。

 

状況:ImagiMagickはインストールできたのに、KikuchiMagick をそのフォルダに入れて命令しようとすると、コマンドプロンプトに「"composite_all" は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていません」とでてしまう。

原因:私がアップするファイルの名前を、「composite_all.exe」から「kikuchimagick.exe」に変えてしまっていた

解決方法:すでにダウンロードいただいている方は、KikuchiMagick.exe のファイル名を「composite_all.exe」に変更してください。もしくは、現在のページから名前が修正されたファイルを再度ダウンロードしていただき、今一度Imagemagick フォルダに移動(コピー)していただいてもOKです。

裏解決方法:ファイル名がそのまま命令コマンドになりますから、「kikuchimagick -compose lighten foldername .jpg result.bmp」のように、命令を変えていただいても大丈夫です。

ホンマ、私がアホですみませんでした。よろしくお願いいたします。ご指摘くださったのぐちさま、ありがとうございました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)