« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/30

カノープスとレインボーブリッジ

20151229canopus

Canopus over the Rainbow Bridge

NikonD810A, AF-S 85mmF1.8G
2015 12/29 22:46 - 12/30 0:08 (1h22min)
StarTrail ; ISO200, F8 , jpg, 4sec x 1144frames lighten composite
FrontView ; ISO200 ,F8 , RAW 4sec
Tsykiji Chuo-ku, Tokyo JAPAN

撮影は朝日新聞東京本社8階からです。上空には何度も雲が広がりましたが、水平線の近くはほぼ抜け続けてくれました。

| | コメント (0)

大空へ駆け上がる翼たちとオリオン座

20151229haneda

"Take off"

 

NikonD810A, AF-S14-24mmF2.8G (14mmF5.6)
2015 12/29 19:40 - 20:17 (37min)
StarTrail : ISO400 , jpg 4sec x 362frames lighten composite
FrontView : ISO400 , RAW 4sec x 4frames
GitzoGT5542LS + GS5511XLS
PhotoShopCC
Tokyo international airport, JAPAN

 

撮影は羽田空港第2ターミナル(ANA側)。展望デッキには高さ4mほどのフェンスがある。ワイヤーの間隔は5cmほどで、レンズだけ向こうに出すのも難しい。仕方がないのでジッツォのGT5542LSと伸縮式センターポールGS5531XLSを使って上から超えることにした。

 

Gitzo

当日は風もあってリモコンがゆらゆら揺れ、撮影中は気が気でなかったが、幸いにも画像に大きなブレはなかった。こんな無茶が許されるのはジッツォならではでしょう。

ここまで高いと、センターポールを伸ばす前に露出と構図をあらかじめ決めておいてからカメラを上げないといけない。リコモンさえ届かないので、シャッターを押してから伸ばすことになった。構図がずれるのはやむをえないので、余裕を見て14mmで広く撮ったけど、運よくほぼどんぴしゃで、右をちょっとカットするくらいですんだ。

撮影は、実際には1時間半ほど撮り続けたものの、オリオンがちょうどいい位置に来る37分間のみを重ねています。

| | コメント (2)

2015/12/27

SUPER WIDE-HELIAR 15mmF4.5 SL

Heliar

 

コシナのスーパーワイドヘリアー15mmF4.5SLを入手してみた。

 

ニコン14-24Gはとてもいいんだけど、いかんせん重すぎるし、でかすぎる。フレアが出まくるのも閉口する。

 

ニコン18-35Gも大変よくて、軽いし逆光に強いんだけど、残念ながら18mmだと被写体が収まりきらないことがある。っていうか、最近、見上げた時の上すぼまりを修正することが増えたので、さらに広く撮っておく必要が出てきた。

 

ヘリアー15mmは最近、新しく3型が出て評判がいい。比較明やってる限り明るさはF4.5で十分だし、小さくて軽い。大変魅力的だ。ただ、VMマウントなのでニコンやキヤノンにはどうひっくり返っても取り付けられない。α7系ならいけるけど、ソニーをいまいち信用しきれない身としては二の足を踏んでいた(RX-1でちょっと懲りたので)。

 

ところで、ヘリアーは2型時代に、ミラーアップして使うニコンマウント版があった。派手な周辺減光と周辺の紫色にじみが出るみたいだけど、画像処理でどげんかならんかしら。

 

ニコンD810(A)でも、マウントアダプタ―をかませた6Dでも、ライブビューモードにしておいてから取り付ければ装着できる。そのまま電源を切ってもミラーが下がりきらないだけで問題さそうだ。

 

で、さっそく撮ってみた。故あってまずは6D。

 

H15f45ori

 

はっはっは。笑っちゃう周辺減光と変色である。

 

ちなみに、14-24はこう。

 

1424f28

 

う~ん、スッキリ。さすが神レンズ。

 

ただ、ヘリアーも解像度はなかなかで、1段絞れば周辺まで14-24と遜色ない写りであることが分かった。

 

どうするか。比較明をするとき私はJPGを使っているので、JPGでどこまで補正できるかがカギだ。

 

そこで、D810に頼ってみた。

 

まず、アクティブDライティングを「強」に。本当は周辺減光補正を使いたいんだけど、レンズ情報がないので使えない。そして、ピクチャーコントロールを「フラット」に。

 

H15nikond810a

 

かなりましになった。これならどうにかなるかも?

 

キヤノンでも、「ダストデータ情報の取得」でいわゆるフラット補正ができるので、使えるかもしれない。

 

実際の星撮影でどうか、フレアの出具合はどうか、あたりはまた今度。

 

それにしても、ピントリングが無限遠を派手に過ぎるのと、ピントリングと絞りリングが連動するから使いにくいったりゃありゃしない。アロンアルファで固めてしまおうか・・・

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »