« RICOH GR Test | トップページ | 福岡市立博物館 »

2013/06/02

リコー新GRレビュー

Img_9796

レビューって言うか、画質がいいことは先日のテストでわかったので、ここではダメ出し。

まずもって最悪なのは電池蓋と三脚穴の配置である。

Img_9797

 

蓋と三脚穴が極めて近く、どうがんばっても三脚に載せたまま、クイックシューを付けたまま蓋を開け閉めできない。三脚穴をオフセットさせるアダプターを作ることさえ拒否しているかのような接近ぶり。別にコンパクトカメラの三脚穴なんてどこにあってもいいんだから、端っこにしておけばいいと思うのだが(前持ってたソニーのコンパクトはそうだった)。

 

さらに、電池蓋のロックが最悪。開ける時はワンアクションなものの、閉める時は蓋を押さえつけながら爪を滑らせてロックしないといけない。GR4もそうで、改善されなかった。なんでこんな使いにくい設計になっているのか理解不能。

 

次はUSB。

 

Img_9800

 

新GRはバッテリーの充電器が同封されず、USBケーブルで本体充電が基本となった。まぁそれはいい(充電器買ったけど)。ところが、このUSBがminiAでもBでもない、確かにデジカメだとたまにみるよね~っていうヘンな規格。やめてくれ。真横にHDMIがあるんだから、もうAV端子を兼ねなくていいじゃないか。

 

なにより驚いたのが、レリーズCA-2を箱から取り出した時である。

 

Img_9803

 

なんすかこの単4電池は?

 

なんとタイマーコントローラーでもないのに電池が必要なのだ。そして、レリーズのON/OFFスイッチをONにしないとシャッターを押し込めないのである。もうね、アホかと、バカかと。半押しと全押しの接点を機械的に短絡させるだけでええんちゃうかと。オレはこの電池を1年後に液漏れさせているか、肝心な時に電池がなくなっている自信がある。

 

 

とはいえ、USB充電なのには密かに期待していた。

 

USBな外部バッテリーを接続すれば、長時間撮影がやりやすくなるのではないかと思ったのだ。

 

 

 

大外れ。

 

USB接続中は「撮影モード」に入れません。

 

この辺りから脳が真っ白に。

 

Img_9799

 

極めつけがワイドコンバーターのレンズキャップ。

 

これを付けていると、ゴムフードが取り付けられない。なので、ゴムフードは毎回、いちいち取り付けなければならない。

 

さらに、このゴムフードはバヨネットではないので、毎回、いちいち印を見ながら位置を合わせないといけない。もちろん、ずれるとけられる。暗夜に出来る気はまったくしない。

 

Img_9802

 

なので、爪がキャップの内側にあるレンズキャップ(62mm)を買ってきた。今となっては全メーカーがこういうキャップを採用しているが、ペンタックスを選んだのはよかったのか悪かったのか。

 

ちなみにゴムフードは内側を両面テープで固着させた。

 

 

このワイコンを巡っては、装着後に「いちいち設定を変えないといけない」とか白目をむきそうな操作性は健在である。マウントのリングもなくしそうなので普段からつけていない。そんなどうでもいいリングの赤バージョンとかを用意してる暇があったら、先にすべきことはたくさんあるんじゃないかと思う。

 

確かに画質はいい。比較明も実装されてる。軽い。小さい。最高だと思う。

 

 

 

でも、改めて言っておきたい。

 

ニコンとキャノン以外を使うなんて、マゾ以外の何者でもない。

|

« RICOH GR Test | トップページ | 福岡市立博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコー新GRレビュー:

« RICOH GR Test | トップページ | 福岡市立博物館 »