« 興福寺・五重塔 | トップページ | 金環日食 »

2012/05/15

M5(AXDテスト)

M5


M5
2012/05/12
Canon 5d MarkII , EF300mmF2.8L IS
ISO200, 2min X 3, RAW
Vixen AXD, A80SS(400mmF5) x0.5 reducer, アドバンスユニット+WATEC 902H2にてガイド

AXDテストのため、奈良・フォレストパーク神野山で1時間半ほど、ひたすら2分露出を繰り返した。写真はその中の3コマを合成し、ピクセル等倍で切り出したもの。

結論から言うと、アドバンスユニットでのオートガイドは十分使える。ガイド星が画面の中心に張り付いたまま、補正が入ることもほとんどなかった。1時間半でずれの最大値は0.3ピクセルとかそんな感じ。

ところが、撮影画像は初めと終わりで5ピクセルくらい星がずれていた。像が回転しているのではなく、画面のどこもほぼ同じ方向にずれていたので、ガイド鏡とレンズの間の取り付けに強度的な問題があると思われる。

ちなみに、電源はリチウムイオン電池XP18000を使った。午後7時から11時までの4時間、いろいろ天体を入れてみたりその後はガイドさせっぱなしにしたりして電池の残量は7割くらいとなっていた。当日の気温は5月とはいえ0度ほど。この感じだと、冬でも一晩持つと思う。

|

« 興福寺・五重塔 | トップページ | 金環日食 »

コメント

リチウムイオン電池XP18000が面白そうですね。
鉛蓄電池は運ぶのに重たいですし,実用域ですかね?
カメラバックの片隅に電源運べるのは嬉しい。

ポータブル電源の鉛蓄電池がへたってきて,中身を交換しようと思っていたんだけど
UPS用のシールドバッテリーで2ケ11000円かかるんですよ。
ならばこっちのほうが良いかな・・・。

投稿: naka | 2012/06/03 21:28

 nakaさま

XP18000いいですよ。実用域かどうかなんてnakaさんらしからぬ質問。私がブログで使えると書いておりますので、それが答えです。

とはいえ、用途に寄りますね。しょせん3.7Vで18Ahです。AIGOのN2688は22Ahありますが、いずれにしろ冷却CCDでは難しい。
http://jp.aigo.com/products/mobile_peripheral/index.html

最強はハイブリッドカーです。これまもう間違いなく。

投稿: 東山まさのぶ | 2012/06/04 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M5(AXDテスト):

« 興福寺・五重塔 | トップページ | 金環日食 »