« 金環日食 | トップページ | 興福寺と日食(広角) »

2012/05/22

興福寺・五重塔と日食

Koufukuji840

2012 May 21, 7:15.03 - 7:45.03, interval 3min (JST, UTC+9)
Canon EOS 5D MarkII, EF70-200mmF2.8LIS II
SUN : D5filter, ISO100, RAW
LAND : NoFilter, ISO100,


下は事前にやっていたシミュレーション。「日食とは、99%の準備と1%の臨機応変である」

Narares6


(グーグルアースとマップで観測場所をみつけ、現地ロケハンの後、ステラナビゲータでシミュレーションしたものを現場写真と重ねた。でも、アイフォーンアプリを使えば一発でできるらしい・・・)


|

« 金環日食 | トップページ | 興福寺と日食(広角) »

コメント

おはようございます。
以前に公開された興福寺五重の塔星景はこのときのロケハン写真だったのですね。
ベイリービーズとプロミネンスと言い、ひらめきと明確な目標と適確な手段の選択、充分な準備と一発勝負にかける心意気は流石プロのフォトジャーナリストと敬服いたします。これはアマチュア天文家を100年やっても追いつけない境地に達していらっしゃいますね。
私もこのような連続写真が撮りたくて出かけたのですが、雨の中で食甚を迎えました。どうも「日食」には嫌われている感じがしますので、皆既日食を見ずに生涯を終わる気でいます。
今後も写真を見る人を唸らせ続けてくださいね。

投稿: voyager_camera | 2012/05/23 06:01

voyager_cameraさま

よく言われるんですが、私はあくまでペン記者であって、カメラマンではありません。こうした一連の天文写真は趣味、アマチュアとして撮っています。結果的にそれが紙面に載ることもありますが、少なくとも私は「プロのフォトジャーナリスト」ではありません。


弊社にもたくさんいますが、プロのカメラマンは「絶対に撮らないといけない」というプレッシャーと戦っています。もちろん、天候はどうしようもないですが、私は彼らがスカイツリーの西側で毎朝毎朝ロケハンしていたのを知っています。私は彼らを本当に尊敬しています。一方、私の場合は「撮れたら出す」でいいのですから、まったく気楽なもんです。

ですので、私を写真のプロだと思われると困ってしまいます。プロとはこんな生やさしいもんではありません。


ところで、APODなどを見ていると、アマでもすごい写真はたくさんありますね。こういったサイトを参考にすると、いろんなアイデアが出てくるのではないかと思います。

投稿: 東山まさのぶ | 2012/05/24 00:00

東山様:おはようございます。
貴殿様がプロのカメラマンではないこと理解しました。
マスコミに所属するプロカメラマンには期待されたテーマが存在しますから、それを確実に達成するのは大変なのでしょうね。
逆に自分なりのテーマを持って、フリーカメラマンとして喰ってゆくのはもっと大変そうな気がします。
誰も期待してはくれないけど、フリーテーマを追いかけようとすると、やはりアマチュアの立場に落ち着くことになってしまします。
APODは毎朝、天文情報の一環としてチェックしています。(もっと真剣に見ないといけませんね)

投稿: voyager_camera | 2012/05/24 06:37

失敗していいからこそ、アマチュアは挑戦的な写真に挑むべきですね

投稿: 東山まさのぶ | 2012/05/24 07:58

わたしも日食のときには大雨に降られて、自前のFC-60を十分に活用できませんでした。

投稿: 植田謙太郎 | 2014/06/16 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 興福寺・五重塔と日食:

« 金環日食 | トップページ | 興福寺と日食(広角) »