« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/24

AXD赤道儀ファーストレビュー

Axd1200

たぶん、AXDを考えている人って、EM-200じゃ物足りないけど、EM-400は腰が引けるって層だと思う。ショールームでEM-400を見ると、とてもじゃないけど移動させられる気がしない。手堅いし、確実なのは重々わかるけど、テンマ2Mになって、消費電力が12Vの最大5A!!ってどんなんよ?とか思い始めるとどうしようもない。

まぁ、最近はMC300とか、LX800とか、魅力的な赤道儀は目白押しじゃないですか。安いし。

とはいえ、AXDってスペックだけ見たら満点ですよ。±3.5秒の追尾精度、スタンドアローンの自動導入、きれいですっきりしたデザイン(これは好みによるか)、30kgっていう十分な搭載量、最大でも2.5Aの消費電力、コントローラーに直接ST4互換ガイドケーブルが刺さる、などなど。まさに今時の赤道儀ってカンジ。

あとは実戦での戦闘力がどれくらいあるか。試してみようじゃないですか。

Img_5465_3

宅配業者から受け取った本当のファーストインプレッションは、「あれ?軽い」だった。赤道儀本体が25kgといえば、NJPと同じ。NJPはすごく重い印象があるのでかなり身構えていたんだけど、ひょいと持ち上がって拍子抜けした。

これは、本体の段ボールにウエートが入っていないのが理由だった。やっぱウエートの重さって結構効く。まんま+7kgとかやもんなぁ。

Img_5467_2

フタをあけると、取扱説明書とコントローラーであるスターブックTENのケーブルが入っている。ここでまずダメだしである。

ケーブルはよくある事務机みたいな色。せっかく赤道儀本体もTENもきれいな純白なのに、ケーブルがなんでこんな色なのか。ま、d-sub 9pinの規格品だからいくらでも交換できるけど、こういうところはこだわってほしかった。それとも、氷点下でも固くならない材質で色を選べないのかな??? このへんもそのうち試してみるつもり。

まぁ、それを言い始めると、DCの電源ケーブル(シガーソケットタイプ)は黒なので、これもどうにかしたいところ。ちなみにDCプラグは統一規格の4番(センタープラス)で、よくあるACアダプターは刺さりません。とはいえ、今時のDCプラグはすべからく統一規格を採用するのが理性的ではある気がする。

Img_5469_2 

そして、分厚い発泡スチロールの一角にTEN本体が入っている。デザインはおもちゃっぽいが、シリコーンのTENキーはさわり心地が最高。まだ使いこなしてないけど、ジョグダイヤルがあるとよかったかも。でも、ショートカットがいろいろあるみたいなので、この辺は慣れかもしれない。

画素が細かく、でかい画面は非常にきれい。闇夜で使うときのナイトモードも、まぶしくなく視認性もあるようにうまく調整されている。このへんはさすがだ。 

Img_5470_3

次はいよいよ本体。。。

Img_5471_3

おおおぉぉぉ、キレイじゃないすか。美人さんじゃないすか。エレガントじゃないすか。

Img_5472_3

一部から「なんでGN-170手放してAXDなんじゃ!?」って突っ込みもあったけど、いやコンセプトは非常にGN的だと思うんですけどね。ま、それはいいとして

Img_5473_2

脚は三脚にした。ピラーは組み立てに時間がかかるのがイヤ。でも、長い筒だとどうしても三脚にあたる。ハーフピラーはピラー買うのと値段的にほとんど変わらない。なかなか悩ましい問題である。

Img_5474

箱はこーなっていて、

Img_5475

三脚さんが両側から出てくる。先端はここまでするかっていうくらい鋭利である。中高の同期フジモトには「鋭利や~ん」という持ちネタがあったが、ここではあえて説明すまい。

Img_5476_2

この伸縮用のネジのむにっと感がすばらしい。あるポイントで急に止まるのではなく、軽いトルクでがっちり止まる。

Img_5481

この大ネジは赤道儀側の付属物。これを締め上げると三脚も開く方向に共締めされるのかと思ったら、そういう機構はなかった。あれ好きなのに。ちょっと残念。だが、三脚がかなり頑丈なので、がたつきそうな心配はない。

Img_5477

懸命な読者諸氏お気づきであろう。三脚に、例のアレがないのだ。

アレとは、赤道儀の東西を微動させるための出っ張りである。「自分で組み立てるのか。あれぇ? パーツが入ってないんだけど」と思うやいなや、、、

Img_5482

そのままスコンと載ってしまった。

なんと!微動機構は赤道儀側(銀のプレート部分)に内蔵されているのだ。だから、三脚のどの角度にも入れられるのである。これは夜に外で重いものを据え付ける際には非常にありがたい。ユーザーフレンドリーである。

後日、社長に聞いたら「初心者向けですから」と笑っていた。いや、こういう簡単さはホントすばらしい。

そうそう、一部で我が家のフローリングを気にして頂いてたけど、ちゃんと傷防止を敷いております。堅めのコースターを2枚重ねにして接着したもの。安いよ。

Img_5489_2

ただ、塗装は完璧ではなかった。耳軸のへこみの所、ボツボツになってるのおわかりになります?

ま、こういうところまで気にしていると価格に跳ね返るのであろう。そのうちうまいこと削ってコンパウンドで磨き上げることにする。

Img_5491

とりあえず、ファーストレビューは組み上げたところまで。

この執筆時点ですでに2度外に持ち出して使ってみたけど、いやぁ、おもしろいっす。自動導入が。メシエ天体をどんどん導入してると、星に興味を持ち始めたころのドキドキ感がよみがえってくる。眼視用に自動導入ドブソニアンを買ってしまいそうだ・・・

撮影の精度は、まだちゃんと試せていないけど、初めにも言ったように、AXDってたぶん、EM-300と呼んで差し支えないと思う。いろんな動きを見てると、GNと同等以上というのは間違いなさそうだ。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011/10/23

フォトテクニックデジタル11月号

ちょこっと比較明合成について書きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/22

「超巨大地震に迫る」

大木聖子、纐纈一起著

東京大地震研究所といえばこの人、という二人が書いた東日本大震災の解説本。地震学はなぜ3・11を予測できなかったのか。予知とは何か。一言でいえば、予知なんてまったくできないのを、さもそれが近いように装ってきたのではないか、という科学者の限界とある種の懺悔が書かれている。

そして、それらは突き詰めるところ、科学と、それを踏まえた運用の問題である。それが地震に限らず原発でもまったく同じ構図であるのは、すでに明らかになった通りだ。もちろん、こうした指摘は、そのままマスコミの報じ方にもあてはまる。

 

 

ところで、私は2度ほど大木さんに取材したことがある。

基本的に私は地震担当になったことがないので、本職の地震担当が手が離せないときに使いっ走りとして話を聞いてくるのが役目だった。初めて会ったのは3年ほど前。未明にそこそこ大きな地震があって、夕刊に解説を入れたんだけど、被害はそれほどでもなく、午後2時くらいにはかなり終了感が漂っていた。東大地震研にいるマスコミも私だけ。で、昼飯に誘ってみた。

「あ、私、ここにカップラーメンの備蓄と寝袋がありますから、3ヶ月くらいは籠城できるんですよ」

飯の誘いを断られたことは多々あるが、まさかそうくるとは。あぁ~、この人は本当に研究が好きで好きでしょうがないんだな、と(思うことにした)。私の記憶が確かならば、彼女は地震にまつわる小さい時の体験があって、今の職に就いていたはず。研究者って、とかく研究のための研究に陥りやすいけど、彼女の場合は心底、地震の犠牲をなくしたくて研究しているんだと思う。

そういう意味で、3・11を予測できなかったことには忸怩たる思いがあるに違いない。あとがきなんか、身につまされる思いで読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »