« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/07/23

シャトル引退

30年の歴史に幕、か。

いろいろ言われもしたけれど、あんな宇宙機をよくもまぁ造ったもんだし、もう二度と造られないと思う。

ツイッターにも書いたけど、シャトルってタンクの横にぶら下がってる設計上、メーンエンジンは斜め後ろに吹き出してバランスをとってる。だから、打ち上げ3秒前にまずメーンエンジンだけが点火すると、全体がちょっと傾く。それが揺り戻って、再びまっすぐになった瞬間に固体ロケットブースターが点火。圧倒的な推力で上がり始める。その時間が好きだった。

18日の朝、明石でISS+アトランティスの太陽面通過が見られる予報だったので出撃してきた。


Akashiiss

ご一緒した面々。決してブラック星博士とシゴセンジャーの中の人ではない。

私のシステムはあいかわらずGN-170+FL102s+バーダー・ハーシェルプリズム+5D2。JPLはNASAジェット推進研究所ではなく、日本プラネタリウムラボラトリーのステッカーです。この朝1時間寝坊したけど、10分で組みあがるので大丈夫。とはいえ、結局、台風6号の影響で太陽は拝めなかった。

通過予定時刻の10秒後になでしこのPKの3本目が入った。まぁ、こういうこともある。

アトランティスは初め、18日にISSから離脱する予定だった。予定通りだったら、離脱直後に宮古島の上空で太陽面通過するはずだった。

個人的にかなり盛り上がったので、写真部と航空部を巻き込んで宮古島までサイテーションを飛ばしてもらおうと画策していたんだけど、帰還が1日延期であえなく沈没。残念だ。残念すぎる。


STS135はずっとこんな感じやったなぁ。まぁ、そういうこともあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年9月 »