« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/14

【CP+2011】ビクセンSXPとポラリエとBORG 50FL

お待たせしました、望遠鏡編です。

やっぱり元気があったのはビクセン。初日の夕方、社長と1時間ばかし話し込んでしまった。いろいろ勉強になる。

まずはあまり話題に上っていなかったSXP。あまりに市販品然として置かれていたので、道行く人に気づいてもらえなかったという悲しいデビューだった。私のつぶやきを見て、「え?そんなんあったの?」という反応もいくつか。

Sxp1

格としてはSXDの上。値段的には+10万円という。標準装備だったアリミゾは、取り外し可能なオプション品となった。

Sxp2

近づいて覗き込んでやっとそれと分かる。しかし、中身はほとんど別物である。DCモーターをパルスモータにして、赤緯軸は35mmから40mmに拡大、ベアリングを9個から13個に増やして、スターブックTENに対応したという。

Sxp3

搭載荷重は16kgに、重量は8.8kgから12kgになった。スペック的にはEM-200とガチである。さて、実力はどうかな~。





次に、話題のポータブル赤道儀「POLARIE(ポラリエ)」。

Pola1

パナソニックGF2にオリンパスがついているのではありません。

Pola5

個人的な経験からすると、ポータブル赤道儀に必要なのは軽さ。広角レンズを数十秒だけ駆動できればいいんです。「200mmを10分ガイド」なんてポタ赤に求めちゃいけません。

Pola6

そう考えると1.5kgって、1Dsよりも、5D2+バッテリーパックよりも重い。もっともっと軽くてもいいなぁ。無理を承知で言うなら、キスくらいだとステキなのだが。

Pola4

とはいえ、この操作部はすばらしい。特に高度を方位を一緒に調べられる方位磁石が泣かせる。これ普通の赤道儀にも搭載して欲しい。ここはダイヤルの点灯マークで光るという。よく考えられてる。

Pola3

色は白と青と赤。正面の北斗七星とカシオペアはただのデザインではなく、北極星の位置が分かるようになっている。初心者にもありがたい配慮。裏には南十字星と、例の台形。これも泣かせる。

Pola2

こういう濃い色だけじゃなくて、ピンクや薄い青のも見てみたい。


もう一度言うけど、5D2で3分クラスの露出をかけるなら、少なくともGPクラスは必要です。しかも、私が豪州で使ったGP2ガイドパックは、三脚をケンコーSE用に換装してあります。パイプ径はジッツオ5型に相当する45mm。それでも追尾てきているか、怖くて怖くてドキドキでした。

フツーのカメラ三脚にポータブル赤道儀を載っけて、標準レンズ以上を分単位で追尾しようなんて無理です。こういうポタ赤は、星景をふわっと写すためにあるんです。それ以上を求めちゃダメ。


最後はボーグ50FL。

50fl2

ひたすらこっち方面で攻めてますね。

50fl1

400mmF8とのこと。このシステムを覗いてみたけど、自分にはピントが合わせられる気がしなかった。手ぶれを抑え込める気もしない。これで野鳥撮ってる人はほんとうにすごいなぁ。

Borg1

こんなものまで。。。

デジスコすごいなぁ。いろんな意味で。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/02/10

【CP+2011】キヤノンEF400mmF2.8L IS II シビれる軽さ

次にレンズ編

400mm

新旧の400mmF2.8Lが1Dに付けられて並んでいます。「1.5kg軽量化」の成果を実際に持って試してもらおうという趣旨。旧型は5kg超の重量級でしたが、新型では4kgを割りました。1Dに付けると、6.5kgだったのが5kg強に。「これは持ち歩ける」と思いました。

一方、300mmF2.8L ISは200gのダウン。MTFを見ても、II型になってベラボウによくなったのは400mmと500mmなので、あんまり触手が動かない。これは300から400に乗り換えろってことかな?

ちなみに、ドロップインフィルターホルダーもII型になりますが、変わるのは色がより白っぽくなるだけで、互換性があるとのことでした。

そして、開発が発表された200-400mmF4L IS。

200400ue


手に持つことはできませんでしたが、結構でかい。300mmF2.8より二回りほど「長く」、500mmF4より一回り小さいかなぁという印象。

200400ookisa

内蔵されている1.4倍テレコンへの切り替えはこのレバーでするようです。

200400x14

レバーの動き見る限り、1.4倍時に内部レンズが横に待避するように見える。もしやこのレンズ、そもそもの設計は280-560mmF5.6で、1倍で使うときには0.7倍相当のレデューサーを入れるようになっている??


あと、個人的に最も重要な魚眼ズーム EF8-15mmF4L。5D2で試せた。

815_2

思ったよりちっちゃい。円周魚眼にするときはフードが外れる。フードには頑丈なロックがあって、外れにくそう。これはすばらしい(外し忘れそうだけど)。今回、X5やX50と違って発売日のアナウンスがなかったので心配していましたが、解説の人は「3月発売”予定”です!」と言っていたので、首を長くして待つことにします。


次は望遠鏡編です!


え? ほかのメーカーはないのかって?

ごめんなさい。キヤノンとニコン以外に興味がないので・・・。


じゃぁニコンはどうしたんだって??

まぁ、コンパクトばっかり発表されてもねぇ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【CP+2011】CanonKissX5触った 高感度性能に驚く

昨年に引き続き行ってきました。

やはり、まずはとにもかくにもキヤノンブース。

キスX5とX50が発表されて、さてどないやねんと。バリアングル液晶がついただけちゃうんかと。むしろ、1200万画素のままDISIC4になったX50がすごかったりするんじゃね↑とかがメーンである。

X5

まずX5。グリップが一回り大きくなった印象。がっちり感がある。

手持ちのX2と、会場の天井の暗いところを撮り比べてみた(ISO1600、1/125秒、F6.3)。

メモリが刺せないので、液晶で確認しただけですが、驚きのローノイズ!!

X2だと黒い背景に赤や黄色のノイズが出る感度ながら、X5は非常にクリア。昨年のCP+2010で、X4と同じように撮り比べ、「X2とX4はほぼ同じ」と判断した。画素は上がっても同レベルなのはすごいけど、買い換えるほどじゃないなと。

それが段違いの進化である。なんで? X4と同じCMOSとDISICじゃないの!? これが1年の違いなの?


X50

次にX50。

X5がこれなんだから!!と期待したが、残念ながら、X2とほとんど同じように見えた。

たった数分の、液晶画像を見ただけという判断ながら、高感度性能は X5>>>X4=X2=X50という感じ。

ま、X50はすでに発売直後と思えない安さなので、そう考えると健闘しているとも言える。


X50ura

ただ、すべての作りが非常に「チープ」。赤も、例えば薄いピンクだったりすると春っぽくて良かったような?

あんまり期待してなかったけど、X5はかなり買う気になってきた。

レンズ編に続きます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »