« 【CP+2011】CanonKissX5触った 高感度性能に驚く | トップページ | 【CP+2011】ビクセンSXPとポラリエとBORG 50FL »

2011/02/10

【CP+2011】キヤノンEF400mmF2.8L IS II シビれる軽さ

次にレンズ編

400mm

新旧の400mmF2.8Lが1Dに付けられて並んでいます。「1.5kg軽量化」の成果を実際に持って試してもらおうという趣旨。旧型は5kg超の重量級でしたが、新型では4kgを割りました。1Dに付けると、6.5kgだったのが5kg強に。「これは持ち歩ける」と思いました。

一方、300mmF2.8L ISは200gのダウン。MTFを見ても、II型になってベラボウによくなったのは400mmと500mmなので、あんまり触手が動かない。これは300から400に乗り換えろってことかな?

ちなみに、ドロップインフィルターホルダーもII型になりますが、変わるのは色がより白っぽくなるだけで、互換性があるとのことでした。

そして、開発が発表された200-400mmF4L IS。

200400ue


手に持つことはできませんでしたが、結構でかい。300mmF2.8より二回りほど「長く」、500mmF4より一回り小さいかなぁという印象。

200400ookisa

内蔵されている1.4倍テレコンへの切り替えはこのレバーでするようです。

200400x14

レバーの動き見る限り、1.4倍時に内部レンズが横に待避するように見える。もしやこのレンズ、そもそもの設計は280-560mmF5.6で、1倍で使うときには0.7倍相当のレデューサーを入れるようになっている??


あと、個人的に最も重要な魚眼ズーム EF8-15mmF4L。5D2で試せた。

815_2

思ったよりちっちゃい。円周魚眼にするときはフードが外れる。フードには頑丈なロックがあって、外れにくそう。これはすばらしい(外し忘れそうだけど)。今回、X5やX50と違って発売日のアナウンスがなかったので心配していましたが、解説の人は「3月発売”予定”です!」と言っていたので、首を長くして待つことにします。


次は望遠鏡編です!


え? ほかのメーカーはないのかって?

ごめんなさい。キヤノンとニコン以外に興味がないので・・・。


じゃぁニコンはどうしたんだって??

まぁ、コンパクトばっかり発表されてもねぇ・・・・

|

« 【CP+2011】CanonKissX5触った 高感度性能に驚く | トップページ | 【CP+2011】ビクセンSXPとポラリエとBORG 50FL »

コメント

400mm1.4倍内蔵のレンズはENGレンズみたいな感じですね~
キヤノンは取材TVカメラレンズの技術をフィードバックさせてきているのでしょうか???

投稿: 岡田 凧 | 2011/02/10 21:29

 凧さん、ご無沙汰しています

動画の技術も持っているのがキヤノンやソニー、パナソニックの強みですね。

でも、ENG用はすぐ1000万円コースでしょう? そう考えると、スチル用は安いもんですね

投稿: 東山まさのぶ | 2011/02/11 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CP+2011】キヤノンEF400mmF2.8L IS II シビれる軽さ:

« 【CP+2011】CanonKissX5触った 高感度性能に驚く | トップページ | 【CP+2011】ビクセンSXPとポラリエとBORG 50FL »