« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/08/19

日本語フォルダー問題を修正

すでに制作者のKikuchiさんからコメント欄に紹介がありましたが、LightenCompositeの修正バージョンが公開されました。

画像が入っているフォルダーが日本語だった場合にエラーとなり、合成が失敗する問題を修正しています。新バージョンはLightenComposite 1.0.1です。

今回から、バージョンアップの際に旧バージョンをアンインストールする必要はなくなり、そのままインストールしていただければバージョンアップできるようになっています。

動作のご報告、お待ちしていま~っす!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/08/18

バーナード星

地球から見て、太陽の次の次に近い恒星「バーナード星」(2番目はケンタウルス座α星)。へびつかい座にある9.6等の星は、全天で最も「移動する星」として知られる。

毎秒108kmもの速度で動いているため、地球から見て、1年間に天球上を10.36秒角動く。

ちなみに、土星の視直径は18秒角前後。口径10cmの望遠鏡の理論分解能は1秒角ほど。これって、1年おいて撮影すれば、動きがわかるのでは?

一方、口径10cm、焦点距離1000mmの望遠鏡を考えると、1秒角は焦点面上で1μmほどになる。5Dマーク2の1画素の大きさは5μmくらいあるので、でかすぎて話にならん。やはり、惑星を撮像するシステムが最適なようだ。

つまり、合成焦点距離2000~4000mmくらいまで拡大し、USBカメラのような画素サイズが非常に小さなカメラで解像度を稼ぐとよい。

ってとこまで考えて、急速に興味が失われてきた。この方向性は、手元のシステムとあまりにかけ離れている。ただ、5D2でさえ、10cm望遠鏡の分解能までぜんぜん迫れていないことはよくわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

ペルセ敗北

Sky_2

よもや小雨まで降りだすとは

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/06

KikuchiMagick、マルチコアCPUでの不具合を修正

KikuchiMagick こと LightenComposite で、7枚以下の画像を合成しようとするとエラーが出る問題を修正しました。

core i7 など複数のコアを持つcpuを使っているパソコンで、合成しようとする画像の枚数がcpuの数より少ない場合に問題がでます。数十枚以上コンポジットされる場合には発生しません。修正版は、LightenComposite Ver1.0.0 です。インストールする前に、あらかじめ今までのバージョンをアンインストールしておいてください。

星空の合成では数十~数百、数千枚を合成しますから、これまで問題は顕在化していませんでした。その後、蛍や花火などを数枚だけ合成されるケースが増え、この報告が挙がるようになっていました。

また、今回から、ソフトはvectorに置いています。サーバーの負荷を減らすためと、第三者にウイルスチェックをしてもらうことで客観的な安全性を担保するためです(ソフトの反映に数日かかるデメリットもありますが)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010/08/05

1200万画素機の勝負

フルサイズ機の5DとD700、そしてAPS-CのkissX2という、いずれも1200万画素機を解像力勝負させるとどうなるんだろう? ニコンの14-24が手に入ったので、やってみることにした。

通常、フルサイズとAPS-Cの比較では、レンズの性能が無視できない。解像度は焦点距離が長い方が有利だからだ。

でも、14-24なら、14mmでも24mmでも、4000万画素級に耐えられる解像度がある。1200万画素程度なら余裕だろう。今回は、APS-Cで14mm、フルサイズで22mmで撮り比べた。ISOは200、シャッター速度は1/4000秒、絞りはF3.2で統一した。

ちなみに、もしX2と5Dが大差ないのなら、1年間屋外に放っておくような観測写真がすごく楽になるなぁと思ってる。5Dの代わりにX2が使えるとなると、同じ値段で3システム組めるからだ。

では、さっそくいってみよう。

01_2

元画像の長辺を400ピクセルにリサイズしたものと、中央部のピクセル等倍(右)。「安全第一」の文字は何とか判別できる。

02

同じ露出なのに、明るいのは太陽の照り具合によるものか? 「安全第一」は心眼でないと読めない。ピントが十分合っていないような気もするが、シャープネスが弱いのか?

03

こっちは暗いなぁ。同条件で比較できてなくてすいません。なんとか一緒に撮ろうと思ったんだけど、暑くて暑くて。考えてみたら、jpgの設定を考えていなかった。でも、ニコンとキヤノンではもともと違うしなぁ。さて、こっちは「安全第一」は比較的読みやすい。

総合すると、一番解像力がよさそうなのは1枚目のようです。でも、ちょっと画像処理でがんばってるような気もする。2枚目と3枚目だと、普通に見たら3枚目の方がよく解像してると思う。

さて、みなさんはどの写真がどの機種か分かりましたか?

答えは、(1)D700、(2)5D、(3)kissX2でした。5Dはライブビューがないので、最後までピントに不安の残る結果でした。まぁ、それも含めて実力のうちと言うことで。

ちなみに、5D2も張っておきます。

5d2fin

やっぱ圧倒的だなぁ。

ということは、レンズが十分解像して、さらに十分な光量がある条件下では、フルサイズかAPS-Cかというのはあまり関係ないのかもしれない。なら、5D2と7DやX4といった1800万画素機だったらどうなんだろう?

いい勝負なのかなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »