« はやぶさ帰還 | トップページ | GN-170再び »

2010/06/15

ピクセル等倍でお楽しみ下さい

Kakudai

先日の写真の拡大です。はやぶさは右から左上へ飛んで行っています。

「まだ分光観測していないから分からないけれど」という国中先生によると、青い光はイオンエンジンの燃料であるキセノン、その後の赤っぽい光は酸化剤が燃え尽きている色ではないか、とのことでした。再突入して、まずイオンエンジンの付近がバラバラになり、さらに奥にあった酸化剤のタンクなどが分解していったのがこの辺というのがよく分かります。

下側の一直線が回収カプセル。こちらは矢のようにまっすぐ飛んでいっています。宣伝するわけではありませんが、プリントならこの辺のデティールを余すところなく堪能して頂けるか、と。

ちなみに、今回の撮影機材はキヤノン5Dマーク2、ノボフレックスのマントアダプター経由でレンズはニコンの14-24mmF2.8でした。赤道儀はビクセンGPガイドパック。三脚はケンコーSE用で、パイプをステンからアルミにして軽量化したものでした。露出はF2.8、ISO800で3分です。

下は、14mmF2.8解放での四隅のピクセル等倍です(下の2枚は星が写っているぎりぎりの端っこです)。

Yosumi

う~ん、まさに神レンズ。赤道儀を持ち込んで追尾した甲斐があった。

したは、南十字星の上を横切る回収カプセル。

Southcross_2

中央の暗黒帯が「コールサック(石炭袋)」。南十字はその右下に右向きになっています。

昨晩はこっちにいる読のカメラマンさんがお米を炊いてくださったので、読朝毎共の5人でささやかながら祝杯を挙げました。ワインを飲んだらすぐに落ちてしまって、気がついたら日本がカメルーンに勝ってた。そっちもおめでとう。

|

« はやぶさ帰還 | トップページ | GN-170再び »

コメント

「はやぶさ」の帰還を心から祝福する。しかし、
宇宙開発の予算を大幅に削った腐敗・民主党には、夢も希望も持てない。
子ども手当などの税金のバラマキの1%でも充てれば十分の科学技術予算が得られる。

投稿: 左巻き菅 | 2010/06/15 15:29

こりゃぁ凄いですね。写真もレンズも
通りでNASAやロモスコスの受注を取るわけですね。

投稿: YS88jp | 2010/06/15 16:34

お忙しいところ詳細にありがとうございます。
ほんとにこれはすごいレンズです!

早速ネットで調べてしまいました・・・・
中古とかオークションなら15万台で、手が届く・・・
新品でもそこそこで。。。

これはアダプタ含めてまじめに検討が必要ですかね。
これを超えるレンズがキヤノンからすぐに出るとは思えません。
AFが使えないとか、トキナーの同様のスペックのを見てからでも
とか思っていましたが、こんなのを見てしまうと。

天体専用で日常には使えない、この大きさ重さってのも我慢できる
くらいすばらしいです。

開放ならISO3200で、30秒程度の固定撮影でも、
このくらい写ってしまうことになるんですね。

いや、いろいろすごすぎてびっくりデス。

投稿: エイイチロウ | 2010/06/16 01:08

GJです。言葉もありません。

投稿: 主夫16号 | 2010/06/17 00:37

先日の朝日新聞にはやぶさの写真が載っておりました。
その下隅に東山ってありましたので、うれしくなりましたよ。

投稿: tabatabata | 2010/06/23 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピクセル等倍でお楽しみ下さい:

» 「はやぶさ」プリント購入時にはアス比に気をつけて [クマデジタル]
東山正宜氏のブログ、痛い目みてなんぼ:「ピクセル等倍でお楽しみ下さい」より 今回の撮影機材はキヤノン5Dマーク2、ノボフレックスのマントアダプター経由でレンズはニコンの14−24mmF2.8でした。赤道儀はビクセンGPガイドパック。三脚はケンコーSE用で....... [続きを読む]

受信: 2010/06/16 20:26

» はやぶさ大気圏再突入の写真 [PurpleMoon Blog]
トラブルを乗り越えて遂に地球に帰還し、今はカプセルの解析が行われている小惑星探査機「はやぶさ」。 テレビ中継こそありませんでしたが、今はネットという便利なものがあるので、映像も写真もいろいろと見ることが出来ます。 NASAはデータ収集の為に機材山ほど積んだ飛行機を飛ばして空中から撮影(Hayabusa Sample Return Capsule re-entry)。撮影された映像はYoutubeにて公開されています。 テレビとは違って、日本の新聞各社は翌日朝刊の一面トップにこの記事を持ってきました。... [続きを読む]

受信: 2010/06/19 08:09

« はやぶさ帰還 | トップページ | GN-170再び »