« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/14

TC-80N3魔改造

キヤノンTC-80N3がダブル?

右は、単にkiss系の2.5φステレオプラグにしたTC-80N3ですが、その先が、左のTC-80N3につながっています。これはいったいなんでしょう??

Tc80n3

TC-80N3のスタート/ストップボタンを、右のTC-80N3が押すように改造してみました。構想1年、うまい手をひらめいてから1週間、実作業5時間でようやく完成しました。

なんのこっちゃというと、TC-80N3は非常に優秀なタイマーコントローラーですが、撮影開始までの時間と撮影間隔、長時間露光の設定、撮影枚数は1パターンしか設定できません。

なので、「毎日午前6時から2時間おきに7コマ撮影する」みたいな設定はできず、毎日午前6時に撮影するか、2時間おきに撮影し続けるか、しか選択できませんでした。

昨年アナレンマを撮影した際は、TC-80N3で2時間ごとにシャッターを切るようにして、午後7時から翌朝午前5時まではデジタルのACタイマーでカメラの電源を落とすことで、「昼間だけ、2時間ごとに撮影」させていました。当時は16GBのCFしか存在しなかったので、2時間ごと撮影し続けるわけにはいかなかったのです。ただ、それでも毎日決まった時間の間でしか撮影できません。

本当は、もっと複雑な動作をさせたい。そこで作ったのが、写真左のTC-80N3改です。たとえば、左側で1時間ごとに8コマ撮影するように設定しておき、右のTC-80N3で24時間ごとにシャッターを押すようにしておけば、「毎日、朝8時から1時間ごとに8コマ撮影する」といった設定が可能です。

さらに、このTC-80N3を三つにすれば、「毎日、朝8時から1時間に計8回、1分おきに5コマずつ撮影」できたりします。

作ってみて、実際にうまく動いた時には気持ち良すぎてイキそうになりました。っていうか、3回くらいイッた(下品な例えでごめんなさい)。

「パソコンに制御させればええんちゃうん?」という意見もあるでしょう。でも、パソコンは無電源でほぼ1年、雨にさらされる場所で確実に動き続けられないでしょ? 経験上、カメラ機材の手堅さはパソコンの比ではありません。

ということで、ちょっと半年ほどかけて耐久テストをやってみます。成功したら、また面白い写真が撮れてるはず。乞うご期待!

動作が分かりにくいので、動画にしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/09

CanonKissX4発表

キヤノンから、kissX4が発表されました。

Kissx4

DISIC4、フルHD動画で30fpや24fpsへの対応、マイク端子の実装、Eye-Fiへの正式対応など、かゆいところに手が届いた正常進化だな、というのが第一感でした。

一方で、1800万画素へのシフトや新しい規格のバッテリーなどはちょっと引いた。

常日頃から、画質が担保されているのなら画素数はいくらでも多い方がいいと言っている私ですが、エントリー機でここまでとは。

もちろん、フルサイズ機ははやく3000万画素を越えてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »