« 打ち上げ成功! | トップページ | 富士登山の列と流れ星 »

2009/08/09

帰還しました

ほぼ1か月のアメリカ出張を終え、帰ってきました。この2ヶ月で2回行き、計6週間滞在したわけで、そりゃ1歳5か月の息子も私の顔を見て戸惑うっちゅうもんです。

さて、今回最も素晴らしいと思ったのは、サウスウエスト航空。

Southwest

何といっても、まずその予約システムが素晴らしい。例えば、私が明日の午後1時発の便をネットで予約したとします。ところが、その便に乗れなかったとしたら普通、どうなりますか? その航空券は紙くずになるでしょう。でも、サウスウエストは違います。

仮にそのチケットが300$だったとすると、その300$はデポジットされて次の予約で使えるのです。もし次に予約した便が280$だったら、余った20$はさらに次の便にまわせるのです。もし330$だったら30$だけ払えばいい。

しかも、キャンセルする際に連絡は必要ありません。そのままスルーしたとしても、なんの違約金も発生しないのです。

 

サウスウエストは、顧客第2主義を掲げていることでも有名です。第1は従業員。重要なのはまず従業員であって、客はその次なのです。なので、理不尽な要求をする客には、「うちの飛行機に乗らなくて結構です」と本当に言っちゃう。サウスウエストのCAが、堀ちえみや上戸彩のようにいじめられるシチュエーションはあり得ないわけです。

実際、整備員の給与は全米の航空会社でもトップで、パイロットらの給与もトップクラスなんだそうです。従業員満足度はNo1。それが、結果的に顧客満足度も高めています。

 

そんなサウスウエストの根底にあるのは、徹底した合理主義です。飛行機は地上にあるときはコストしか生まない。飛ばしてなんぼ。だから、整備しやすいよう、ボーイング737しか保有していません。F1並みのピット作業で、一時は搭乗口に着いてから離れるまでに15分しかかからなかった「伝説の15分ターン」をしていたそうです。航空法が改定されてさすがに無理になったようですが、私が乗った便は25分で折り返しました。

余分なサービスを削って、運賃を安くする格安航空会社のさきがけとしても有名です。でも、根底にあるその思想を受け継がず、やり方だけまねてもダメですわな。ちなみに9.11後の時期を含め、1973年の創立以来、ずっと黒字を維持しているそうです。死亡事故は、オーバーランしてぶつかった自動車に乗っていた子供が死亡した1件だけです。

個人的には、737が退役する時期にどう差配するのか、大変興味深いと思っています。

 

あと、マリオット系のホテルのネット予約のしやすさも特筆ものでした。チェックイン当日の午後4時前までなら、なんの違約金も発生せずに予定を変えられます。非常に便利。

あと、キヤノンkissX2があまりによく写ってびっくり。でも、ISO1600だとノイズが厳しいから、X3に移行しようかと検討中です。

|

« 打ち上げ成功! | トップページ | 富士登山の列と流れ星 »

コメント

 nairさま

私もペルセウス座流星群を富士山で見てきました。1時間に30個くらいかな。やっぱり暗い場所だとよく見えますね。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/08/13 08:13

東山さん 長期の出張お疲れ様でした。

お盆は里へお帰りですか。

サウスウェストの徹底した合理的とも言える企業戦略と
従業員を大切にする発想は今も貫かれているのですね。

アメリカは昔から合理精神旺盛な国だったと思います。
機械物で言えば、表面を美しく仕上げる日本とは違い、
外見にとらわれない質実剛健という考え方。
昔乗せてもらった巡視船のGE製エンジンは素晴らしく
機関担当の方からその違いをお聞きした記憶があります。
日米それぞれに発想の違いが見受けられました。

あの頃と比べて今のアメリカは変わったのでしょうか、
変わらなさすぎたのでしょうか。
それとも日本が変わったのでしょうか。
継続と変革は表裏一体、豊かな発想とその根源は今も見習うものと。

変えるもの、変えないもの
これは個人の生き方とも関ってきますね。

夜も更けて雲間から宙が拡がり、ペルセを幾つか堪能できました。

投稿: nair | 2009/08/13 01:48

 エイイチロウさん、こんにちは

帰ってきました~。またオフ会でもやりますか! 中野だと遠いから、品川あたりですかね?
イールター島も行きたいですねぇ。70万円くらいかなぁ・・・シビれますね。

 K&Rさん、こんにちは

サウスウエストは本当にすばらしかったです。あと、やっぱりトヨタ始め日本の車はすごいです。レンタカーをずっと使って、GMにも乗りましたが、燃料計の針が減るのが見えるかと思いました。いくらガソリンが安いとはいえ、現行車種があれだとそりゃつぶれるよなぁという感じです。内装も装備も古くさいし、80年代の日本車のような懐かしさがありました。いろいろ感じた1ヶ月でした。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/08/11 09:57

東山さん、長期間の出張、お疲れさまでした。
サウスウエスト航空の合理主義と、重要なのはまず従業員と
いう方針は、素晴らしいですね。予約した便に乗らなかったら
その次に利用できる、というのも、その一環なのでしょう。
飛行機を飛ばすのは従業員ですから、顧客第一主義だと、従業員に
余計な負担がかかって安全上の問題が出るし、顧客の満足度が逆に
落ちてしまうのは当然のことなのですが、盲点なのかもしれません。

投稿: K&R | 2009/08/10 15:44

出張お疲れさまでした。
またこんどアメリカのお話聞かせて下さい!

こちらは一月ほぼ毎日雨か曇りでした。計画していた花火と夏星座は残念ですが、またの機会に…


日食、イースター島にはぜひ行きたいです。

投稿: エイイチロウ | 2009/08/09 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰還しました:

« 打ち上げ成功! | トップページ | 富士登山の列と流れ星 »