« PIE2009に行ってきた (EOS KissX3 と Gitzo編) | トップページ | 世界天文年2009 »

2009/03/29

PIE2009行ってきた (ビクセンAXDとAX103S編)

今回、PIE2009に行った目的の一つは、沼澤茂美さんの講演だった。このバックの画像はアメリカの天文雑誌「SKY&TELESCOPE」が創刊以来初めて表紙、背表紙をぶち抜いて掲載したという百武彗星の画像。たまらない解像感である。

Pie11

写真展もあって、特に南極での皆既日食の写真がすてきだと思った。空の色合いや、部分日食の太陽の露出、黒い大地にも残る階調など、すべて申し分なし。丁寧な画像処理のたまものである。見習おうっと。

Pie12

あとは、展示されていた、いにしえの名機をながめつつ、、、

Pie13

ピラー脚の根元はこうなっているのか!と感心したり、

Pie14

とはいえ、さすがにこの細い接眼部では、もう厳しいなぁ、と思ったりした。

Pie15

で、その隣にあるのがビクセンのブース。搭載重量30kgという大型赤道儀ADXが、VMC260をぐりんぐりん振り回している。

Pie16

来年発売予定とのこと。赤緯体の望遠鏡側を限りなく短くして、モーターなどの重量物をその反対側に集約させる設計には好感が持てる。えぇ、私って基本、GN-170好きですので。側面が両面ともほぼフラットなのも最高。すきなデザインだなぁ。

コントロールケーブルと電源ケーブルの刺さる場所が三脚近くだったらもっとかっこよかったのは間違いないけど、そのためにはロータリー接点が必要になって、どうしてもノイズが乗るので回避したんだそうな。しょうがないね。

すでに発売されている新型10cm鏡筒AX103Sも展示されていた。

Pie18

レンズ構成は、分離式の3枚玉(レンズ、空気、EDレンズ、空気、レンズ)+フィールドフラットナーの4枚構成。このため、現行のED103Sよりも1kg重い4.6kgになった。

Pie20

しかし、そのおかげで、名機FL102Sをはるかに超える性能になっている(理論値)。もちろん、分離式の3枚玉+フラットナーは工作精度がモロに効いてくるから、なかなか一筋縄ではいかない部分もあるだろうけど、今のビクセンなら余裕でしょ。

Pie19

なにより、かっこいいよ~。この金色のラインといい、接眼部への斜めの接続といい、最盛期のペンタックスを彷彿とさせる。

Pie21

こいつのさわり心地も相当グッド。うちのED103S用に購入決定である。

問題は、実売で29万8000円ちゅう値段だけど・・・決して安くはないわな。

ライバルたるタカハシのTSA-102S(フードの伸縮ができるもの同士で比較するのが筋であろう)が実売26万8000円。AX103Sはフィールドフラットナーとデュアルスピードフォーカサーが標準装備(展示品にはついてたけど、そうなんだよね?)であることを考えれば、TSA-102はそれぞれが3+4万円くらいするので3万円くらい安い価格設定ともいえる。

<2009年5月4日追記/>標準装備じゃないんだそうです。失礼しました。天文ガイドの編集後記の「訂正」で知った。っていうか、あれはビクセンの展示方法が誤解を招くよ。おれも標準装備だと思ったもん。</ここまで>

でも、売れねぇんだろうなぁ。

タカハシとビクセンのほぼ同じスペックの望遠鏡がほぼ同じ値段だと、どうしても高いと思っちゃう消費者心理ってやっぱあるよね。個人的には、AX103SがTSA-102Sより800g軽いだけで魅力的だし、それに、かつてのFL102Sとか、ビクセンの高い望遠鏡って絶対いいに決まってる。

それでも、リセールバリューは低い印象って、やっぱあるよね? で、生産中止になったらプレミアがつく。せつない話ですが。

ま、それを言い始めたら、今どき10cmF8クラスってそもそもどうよ?ってのが正直なところじゃないでしょうか。実際、今どき売れてるのってFS60CBとか、ボーグとかのF4クラスばかりじゃないのかなぁ?

私も、日食を撮るからこのクラスを持ってるだけで、普段はこれで何を撮っていいのかよくわかんない。散光星雲とかを撮るには焦点距離が長いし、暗い。系外星雲を撮るには焦点距離が短い。惑星を撮ったり見たりするには口径が小さすぎる。月か? 月なのか?

でも、だからこそ惹かれるなぁ。このマイナーさに加え、性能相応とはいえバカ高い値段。こういう鏡筒を所有することこそ、真の数寄者といえましょう。生産中止になる前に、ぜひ1本欲しいものである。

|

« PIE2009に行ってきた (EOS KissX3 と Gitzo編) | トップページ | 世界天文年2009 »

コメント

いいねえ。沼澤さんのお話は是非聞いてみたかった。
その写真(百武彗星ですよね?)が載ったスカイアンドテレスコープは手元にあるよ。

ビクセンの屈折も良さそうですね。
以前は「ニュートン反射>屈折」だったけど,最近のできの良い屈折を見ると好みが変わりそうです。

月を見ると,色収差・コントラスト(迷光処理)など望遠鏡の能力が丸裸になると思います。
月が好みなら10cmF8クラス,便利じゃない?

投稿: naka | 2009/03/29 08:37

nakaさん、こんにちは

> その写真(百武彗星ですよね?)
うわっと、ホントだ。直しておきました。ありがとうございま~す。しかし、スカテレとってたんですね。渋い・・・

屈折って確かにお手軽ですけど、やっぱりよくできた反射にはかなわないような・・・。まぁ、でも、手軽じゃなければ見ようということにもなりませんからね。その辺が難しいところですね。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/03/29 13:09

東山さん
PIE行かれたんですね。自分も行きましたがこんな講演会があったとは…
もったいないことをしました

X3はダイヤルに動画モード付いたのが感慨深いかったです。


この画素をつかうなら次のフルサイズは30Mオーバー。
いまの開発ペースを続けるとX6相当で論文の画素になりますが…

高橋の16反射は良かったですがビクセンの反射はいまいちでした。
ミザール13cmF6反射より笠井のシュワルツ12cmが安定して良い印象です。
でもいちど20クラスのしっかりした反射をみたいものです。

結局いまはマクストフニュートンに落ち着きましたが、ビクセンのこの屈折は魅力的ですね

投稿: エイイチロウ | 2009/04/04 16:55

 エイイチロウさん、こんばんは!

タカハシの16cmには、私も相当いい思い出があります。特に、焦点距離の長いTS-160で見る木星はバツグンでした。

デジカメの画素数は3000万画素を超えそうな勢いですが、そろそろレイリーの回折限界のレベルですね。画素ピッチが5ミクロンというと、計算上、F16より絞ると回折の影響の方が大きくなります。3ミクロンクラスになると、F8より絞るわけにはいかなくなるでしょう。
そうなると、あの論文の画素数を有効に活用するには、F4程度でも周辺までばっちりなレンズである必要がありそうです。
となると、望遠鏡の拡大撮影のようなシチュエーションだと、すでに画素数は飽和しているのかもしれません。ただ、回折限界よりはるかに画素ピッチが小さい方が、回折限界がちゃんと確認できるのかもしれませんが。
個人的には、5D2があまりにすばらしすぎるので、1DMARK4はフルサイズにしていただいて、2100万画素で出してくれると思わず買っちゃいそうです。値段は30万円くらいがいいなぁ。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/04/06 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PIE2009行ってきた (ビクセンAXDとAX103S編):

« PIE2009に行ってきた (EOS KissX3 と Gitzo編) | トップページ | 世界天文年2009 »