« NikonD3X、衝撃のローノイズ 5D2と勝負させてみた | トップページ | ISS 撮ったど~ »

2009/01/15

Shinagawa

Shinagawa01

品川インターシティ、よく出来てるなぁ。ほとんど真北を向いてるのね。中央奥のドコモビルの右側には東京タワーがいるんだけど、午前0時を回っていたのでライトが消えていた。ちょっと残念

|

« NikonD3X、衝撃のローノイズ 5D2と勝負させてみた | トップページ | ISS 撮ったど~ »

コメント

こんにちは。
今回の星景写真、ビルの明かりが飛んでない割に星が沢山写っていますが、
どのような設定で撮ったのでしょうか?
私の拙い技術だと、これくらい星を写そうとすると街明かりが飛んじゃうんですよね。

投稿: muto | 2009/01/16 17:24

 mutoさん、こんにちは!

確かに、輝度差の大きい被写体は難しいですね。私も昨夏くらいまでは、前景と空の両方がなんとか見られるような露出を探していました。でも、その後、フォトショップの「マスク」機能を使えるようになったので、現在は別々の露出で撮影して重ねています。

M42星雲や皆既日食のコロナのような被写体で、段階露出しておいて後から重ねるのと同じです。一般写真では、HDRという言い方もしますね。


ただ、今回の「品川」では、午前0時を回っていましたから、ほとんどそのままですが、ビル部分は空の部分より、1段ほどアンダーにしています。

具体的には、露出をビルに合わせてRAWで撮影した1コマと、空に露出を合わせてひたすらjpgで撮影し、数百コマを重ね合わせたコマ(ここでbmpかtiffになっている)の2コマを、フォトショップCS4で重ねています。星に露出を合わせたコマからマスクを抽出し、「明るい部分ほど別画像を透過させる」ようにしています。

このやりかたをするようになって、「重ね合わせたのちに、トーンカーブで白トビをがんばって抑える」といった無理をしなくてよくなりました。だって、ビルにも星にも「露出は合って」ますから、調整する必要がありません。

ちなみに、前景のRAW画像は、5Dや1Ds3の時までは、ノイズ処理のために複数枚撮影して加算平均コンポジットしていましたが、5D2になって1枚ですむようになりました。めちゃめちゃ楽です。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/01/16 19:52

これはいいですね!!

自分はそろそろねた切れです、、
最近は同じようなものしか撮れていません。。

投稿: エイイチロウ | 2009/01/17 19:09

なるほど、HDRIですか。
コンポジット用とは別の露出で撮っておくわけですね。
今度試してみます。
ご教授、有り難うございました。^^

投稿: muto | 2009/01/17 20:19

いつも非常に参考になります。
都会の比較明写真ではこのやり方がベストのようですね。
うちはフォトショップエレメンツなのでマスク処理は無理そうです。いよいよCS4を買わなければいけないと思いました。
マスクのやり方がわからないので勉強しなくては!

投稿: starwalker | 2009/01/18 10:39

 エイイチロウさん、こんばんは

いやぁ、私もなかなかネタが難しくなってきています。とはいえ、山手線の駅もまだまだ残ってますから、できれば月2枚くらいのペースで撮っていきたいと考えてます。

 mutoさん、こんばんは

前景の中でも、さらに明るい部分を別に撮っておいて3枚を重ねるってこともできると思います。例えば、レインボーブリッジの七色の部分だけは別カットという具合です。いろいろ工夫してみてくださいね

 starwalkerさん、こんばんは

レイヤーとマスクはエレメンツでも使えるみたいですけど、RAWデータをレイヤーにできないんだったかな? やっぱりCSシリーズは強力です。ぜひ。
この2機能が使えるようになると、世界がホントに違ってきます。フィルムよりラチチュードの狭いデジカメを使ってる以上、段階露光+HDRは必須の技術なのかもしれません。

投稿: 東山まさのぶ | 2009/01/18 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shinagawa:

« NikonD3X、衝撃のローノイズ 5D2と勝負させてみた | トップページ | ISS 撮ったど~ »