« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/28

Canon5D2 vs 5D vs NikonD700

5Dマーク2をようやく手に入れました。せっかく実家にもいるし(親父はニコン党なのでD700がある)、手持ちの5D(1)とISO1600、15分ノイズテストをやってみた。

注意:これはあくまで天文的なテストですので、この結果が直ちに一般撮影に反映するものではありません。

では早速いってみよ~

5D

5d11_2

D700

D7001

5D2

5d2

う~ん、5D2すごすぎる。5Dは右側にアンプノイズとおぼしきものが、D700はメカニカルなものか電気的なものかわかりませんが、相変わらず画面分割のラインが見えます。前回よりもかなりノイズが抑えたれたのは、冬だからだと思われます。ちなみに、室温は10度くらい、前回は28度でした。ちなみにこれは、JPG撮って出しの画像をそのままリサイズ(単純縮小でシャープ処理なし)したものです。

次は等倍で左上から630×419ピクセルで切り出したもの。

5D

5d12_3

D700

D7002

5D2

5d22

確かに5D2のローノイズ加減はすさまじい。でも、カラーノイズの出方に関しては、D700って素直な感じです。つまり、ランダムノイズのように見える赤いべたっとしたノイズは出ているけれども、真っ赤や真っ青、真緑といったカラーノイズは比較的少なめに見えます。もしかしたら、ちゃんとダークを引けば、D700って意外とローノイズなのかもしれません。ちゃんとダークが引けるかどうかはわかりませんが(引いたら引いたで、隠れていたカラーノイズが出てきちゃうかも知れませんけど)。

ちなみに、1Ds3はすでに手元にないので比較できません。すいません。

5D2で問題になっている黒点現象については、追って報告したいと思います。

 

それにしても、5D2は全体的によくできたカメラです。なにより、動画が面白い。魚眼レンズや超広角レンズが使えてフルハイビジョンの動画が撮れる民生機はほかに存在しないので、私ですらなにか動画を撮りたくなっちゃいます。

ちなみに、24mmF1.4IIもイキました。これのテストも追って報告します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/12/23

自動撮影システムできた

できた。できましたよ F さん!

カメラのシャッターをPCから制御するシステムが。今回はいろいろアドバイスありがとうございました。動いてます。うれしいっす。

Sys1

このシステムは、TC-80N3よりももうちょっと複雑なシャッター制御をパソコンからしてしまおうというもの。AC100Vを12V→8.1Vにしてる銀色のケース(右)は以前つくったもので、今回はPCとUSBケーブルでつながっている大きめの銀色の箱の中身をつくっとった。

秋葉原の樹海で電子部品を探し、回路図をノートに書いてみて再現、そして半田付け。しかし、ようやくできたと思ったら動かない。ちゃんと設計通りつながってるけど、はてな?

こういうときは実物だ。幸い、手元に確実に動く別システムがある。見比べてみたら・・・USB端子の4端子を読み間違えとる! が~ん。かなり初期段階からやり直し。

でも、帰省は明日なので、それまでに完成させておかねばならん。気合いでやり直して、再度完成。PCにつないでみると・・・動いた!

まず、USBデバイスとして認識され、その後、ソフト側からシャッターを制御できることを確認した。う、うれしい。仕事から帰ってきてからやってるので、すでに24時間起きてるけど、その甲斐があった。うれしいっす。

本番では、こいつにさらに EOS Utility をかませてデータをPC側に保存するつもり。さ、帰省の準備をしないと。いろいろやったるで~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/12/22

PhotoShop CS4 導入

adobeフォトショップCS4が19日に発売され、我が家にも届きました。

Cs41_2

インストールして、メモリは無駄に約10G割り当ててみた。初めてやった画像処理が「年賀状の作成」とはちょっと切ない話だけど、まぁ時節がら致し方あるまい。

ちょっと触ってみた印象としては、ユーザーインターフェースはCS3と変わんないので戸惑いなく移行できる。それ以外の新機能はまだ試していません。すいません。

Cs42

ソフトの重さは、まぁ、普通かなぁ。今回、PCがおニューになったことで、CS3の起動は爆速になった。これまでは起動に「なんたらかんたらを初期化しています」「ほにゃららをはにゃ~しています」・・・などという表示があって、正味3~4秒かかってた。

それが一瞬に。文字読めねぇ。

で、CS4。文字がまた読めるようになりました(笑)。

それ以外の処理に関しては、使いこなせてきたらまたリポートします。

それにしても、年賀状では無駄にレイヤーを駆使しまくった。我ながら笑える出来だと思った瞬間、インクジェットはがき(光沢ではない)のプロファイルで大ハマリ。うまくプリントできなくて、20枚くらい変な色で刷ってしまった。2009年は、このあたりを勉強だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

犯人は、intel i7 CPU

マザーボードに6GBのメモリを積んでいるのに4GBしか認識されない問題、解決しました。犯人はCPUでした。

新型のi7になって、メモリコントロールがCPU側に移っており、その初期不良によって一部しか認識されなくなっていたようです。

本日、九十九のサポートセンターにマザーボードとCPU、メモリを持ち込んで検証。CPUを別のものに交換した瞬間、BIOS上で6GB認識されました。追加で買った6GBをさらに刺すと、BIOS上にはメモリ12000MBというすさまじい数字が。この3週間の様々な苦労が走馬燈のように去来して、思わず声を上げてしまいました。

ASUS P6T DELUXE には、疑って申し訳ないことをしました。この場を借りて、関係者のみなさんにお詫び申し上げます。

しっかしインテルめ、この3週間の労力と、秋葉原まで2回の電車賃を返せって感じ。メモリもしばらく6GBで行くつもりが、もう6GB分余分に出費しちゃったし。まぁ、そのリスクを負うのも自作道というものか。おかげでメモリ12GBというモンスターマシンが我が家に出現したし。ただ、もう1回やりやがったら今後はAMDにしちゃるからな。

これで私の中のインテルの格付けは「投資要検討」レベルまで降格。ASUSとメモリのCFDは2購入連続の高評価でAAAになりました。

【オレ的ベンダー格付け一覧】
ASUS   AAA+
CFD販売  AAA
(投資に見合う、もしくはそれ以上の性能を履行する能力がきわめて高い)
インテル   BBB
(投資に見合う性能を履行する能力は適切であるが、開発環境や動作状況の悪化によって履行能力が低下する場合がある)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/12/16

メモリ問題、原因判明(たぶん)

ASUS P6T DELUXE にメモリを6GB積んでいるのに4GBしか認識されない問題の原因がわかった。マザーボードが壊れてる。たぶん。←大ウソ、原因はCPUでした。

というのも今日、よしなし理由で早起きしたので夕方からの出勤前に秋葉原へ突撃。新しいメモリを買ってきた。今度はマザーボードの取扱説明書に動作確認済みとして掲載されていた crucial の1066、2GBX3というもの。

帰宅後、メモリを刺し替えて柏手を2度打ち、神様にもお願いしてやうやうしく起動。BIOSを確認してみたら・・・4GB。やっぱダメじゃん。結局、高い金を払って手に入れたのは「苦労」である。あっはっはっは、まさに自作道。自作道よのぅ。

BIOSは最新の1005だかになってるし、BIOSの設定もデフォルトに戻したりしてみた。でもあかん。ならばと、手持ちのメモリすべてを六つのスロットに計12GB分刺してみた。さて、ここで問題です。どうなったでしょうか?

Mem1

答え。8GBでした~。トホホ・・・4GB分はどこへ?

このマザーには、メモリのスロットが A1 A2 B1 B2 C1 C2 とあるんだけど、どうもAもしくはBがまるごとヘンになっている気がする。

しっかし、あの、BIOSをアップデートする時の、PCが二度と起動しないのではないかというヒリヒリした緊張感。実際にBIOSが吹っ飛んだらしくて、PCがうんともすんとも起動せず、USBメモリから復活させるときの、「このまま工場送りになるかどうか」のギリギリの瀬戸際感。これらはまさに自作でなければ味わえないものである。別に味わいたかないけど。まさに自作道。自作道よのぅ。

それでもメモリが8GBということで、ようやく Vista64bit の存在価値たる4GB超えを達成してちょっとうれしかったりしてる。実際問題としても、これがメモリとマザーの相性だったら前回購入したメモリが2GB分無駄になっただけど、マザーの故障が原因なら交換してもらえばいい話。メモリも12GB使えることになるし、実際にも幸いである。

ちなみにこのマシン、エクスペリエンスインデックス(Vistaから搭載された、PCの「快適度」の目安となる指数)はこんな感じ。

Mem2

この指数は最低が1.0、最高が5.9なので、すべてのコンポーネントでゲージを振り切っていることになる。むひひ。まぁ、4GBの状態でも振り切ってたんだけどね。

 

参考までに、Pentium4 3GHzの旧マシンにVista(32bit)を入れ、この指数を測ってみたところ、3.2~5.2だった。Aeroが動く最低ラインは2.0なので十分な数値である。実際サクサク動いてるし。

昨日あたりまで、この旧マシンもCPUを交換してVista64bitにしようかと思ってたけど、やめました>父上。普通のソフトは64bitでも十分動くんだけど、キヤノンのカメラドライバとかがまだ未対応でけっこう面倒くさいです。USBでカメラをつないでも認識してくれないし、ドライバーはインストールすらできない。まぁ、予想された事態ではあったんですけどね。

ってことで、一般の運用では、まだまだ32bitが便利かと思われます。64bitはやはり、どうしてもメモリを4GB以上使いたくて、自宅に2台目のPCがある環境でないと難しいでしょう。この結果、我が家の嫁VAIOは今日も、トラブルシューティングに使われているのですが。

PS:F様。アキバでご指定のパーツを一式買ってきました。今日はもう寝ますが、明日以降、半田とたわむれます。よしなに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/12

世界最小?のリモート天文台計画

Vista 64bit マシンのメモリ問題(6GB積んでるのに4GBしか認識されない)は相変わらず改善の兆しなし。

マザーボードのサポートに聞いて、CMOSクリアやメモリの抜き差しとかもやってみたけどダメ。3枚組のうち1枚ずつ外し、どの2枚の組み合わせにしても2GBで認識されるから、メモリが壊れているわけでもないようだ。こうなるとマザーボードのメモリスロットが壊れているか、メモリとの相性か・・・

まいったなぁ、と思って、マザーボードのメーカーであるASUSのサポート掲示板(英語版)を覗いてみたら、ドイツ人がまったく同じ問題で苦しんでる。「新しいメモリも買ってきたけどあかん。どうすりゃいいんだ」などと投稿してあって、我が家で起こっている事案はにわかにグローバルな問題に発展してきた。それに答えているカナダ人も半分お手上げのようだけど、ここはがんばってほしい。キミの手腕が世界を救うんだからね。うむうむ。

 

でもま、とりあえず4GBでもPCは動くので、その解決は海の向こうに任せるとして、こんなんつくっとった。

Dsc01321

自称”世界最小のリモート天文台”である。

巨大タッパーに5Dと8mm魚眼を仕込んでいて、全天を観測する予定。タッパーはホームセンターで買ってきた食品保管用の防湿タイプのもの。アクリルドームは「監視カメラカバー」というものをチョイスした。実際にはお風呂用のコーキング材でがちがちに固めて、電源はAC100Vから、カメラの制御はUSBケーブルでPCから行うつもり。設置は香川の実家にしようと思ってる。

こいつのカメラを5Dにするのはちょっともったいないかなぁ?とも思ったけど、愛着ある5Dを手放すのが惜しいのと、その割には使ってあげられてないこと、手放そうとしても今や二束三文なのでもうひと頑張りしてもらうことにした。

レンズは東京・中野のフジヤカメラ(rinさん的に言うとぺこちゃん)で、旧型の8mmF4が29000円で売りに出ているのをついこないだ発見。おれが買わずに誰が買う。すぐに電話をかけて確保した。レンズ自体はとてもきれいで、1年以上直射日光に当てるのがもったいないくらい。しかし、任務は任務だ。健闘を祈る。

Dsc01322

横から見るとこんな感じ。アクリルに水滴の跡やほこりがついたりするだろうけど、まぁよしとする。

Dsc01323

例によって、基本は木である。吸湿効果にも期待してる。

Img_4981_2

実際に写してみたところはこんな感じ。光源から離れた所にゴーストが出てるけど、十分な画質じゃないですか。むひひ。これで世界を震撼させてやるぜ。被写体が寝巻きなのが気になるけど。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/12/10

ニューPC、ようやく起動

フォトショップCS4のためにリニューアルしたニューPCが、ようやく通常運用できるようになった。しかし、なんだかんだで3週間もかかったぜ。

I73_3

IDE接続をなくして、S-ATAだけになったのでスッキリ。気持ちよくてイキそうだ。FDDもついになくしたけど、ここ10年近く使っていなかったのでもうよかろう。ちなみに、スペックは

  • OS   : WindowsVista ultimate x64
  • CPU : intel i7 920 (2.66GHz QuadCore)
  • M/B : ASUS P6T DELUXE
  • MEM : CFD DDR3 2GX3
  • G/C : ASUS EN9600GT
  • HDD : Hitachi 1TB + 500GB
  • PW   : ENERMAX 625

という、一通り手堅い組み合わせを選んだつもり。395k+300k+400k+200k+130k+120k+200kで、トータル1550kかかった。やっぱ電源が余計だったなぁ。まぁ、スペックに表れないところに投資するのが通というものであろう。

で、さっそく KikuchiMagick を走らせてみた。

I71

5D(I)のjpgデータ231コマのコンポジットにかかった時間は150秒ちょうど。これまでの Pentium4 3.0GHz では1コマあたり5秒くらいかかっていたので、8倍くらい早くなったことになる。CPUの性能だけだと4倍くらいだけど、メモリとHDDへのアクセスが速くなったのが倍くらい効いているということだろう。

I72_2

8コアがステキ。負ける気しねぇ。

ただ、いくつか問題は残ってて、メモリを6G積んでるはずなのに4Gしか認識してくれない。いや、確かにOSは64bitです。BIOS段階で4Gなの。メモリ3枚をいろいろ刺し換えてもあかんので、もしかしたらマザーボードかもしれない。だったらちょっとイヤだなぁ。

懸念してた64bitOSでソフトが使えなくなる問題は今のところ発生してない。こっちも引き続き検証中。

 

で、余ったパーツを実家用のPCに組みなおした。そっちは、

  • OS   : WindowsVista ultimet 32bit
  • CPU : intel Pentium4  (3GHz)
  • M/B : ASUS P5B-V
  • MEM : CFD DDR2 2GX2
  • HDD : Hitachi 500GB
  • PW   : 550W
  • DVD : DVD-RW

というカンジ。これまでの中身をそっくり入れ替えただけだけど、ケースだけは新調した。

I74

「このケース、なかなか噛みしめがあっておいしいね」

そうですか。それはよかった。

父上へ

Pentium4は64bitOSに対応していないので32bitになります。っていうか、PhotoShopCS4かLightroom2を使わない限りは64bitのメリットはないと思うのでそれでもよいかと。

もしCPUを Core2 Duo 2.66GHz にしたいとかいう場合は連絡ください。2万円くらいかかるけど、速度は倍、消費電力は半分になって、64bit化も可能です。メモリももう4G積んで+5000円ってとこ。まぁ、いまのままでも十分だと思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

NikonD3XとCanon1DsMarkIIIと5DMarkIIのこと

ニコンから、2450万画素のフラッグシップ、D3Xが発表された。12月19日発売とのこと。

Catch

D3と同じボディに、ソニーα900と同じと思われるCMOSを積んで秒5コマ。予想の範囲内といえる。セルフクリーニング機能がないのがちょっと意外だったけど、必要かどうかは別の問題だからまぁいいとしよう。

でも、完全に想定外が一つだけあった。それは価格。yodobadhi.comによると89万8000円とのこと。これに10%のポイントが付くから実際には約80万円だけど・・・高っけ~な!

個人的な予想では、D3と同じボディとはいえ実売50万円くらいと思ってた。もちろん、α900が20万円台ってのが原価を無視したソニーマウント普及のための赤字セールだってのは重々わかってる。しかし、1Ds3がいまや60万円程度、5D2が20万円台中盤であるのを考えると、80万円って誰が買うの?って感じ。

ぶっちゃけた話、α900と同じってことは、味付けは違っても使えるのはISO400あたりまででしょ。それを考えると、1Ds3+Lレンズが1本買える値段ってのは説得力がない。

もっと言うと、個人的には1Ds3すら「もう終わったカメラ」だと思ってる。

というのも先月半ば、私は品川のキヤノンSタワーでひたすら1Ds3と5D2で撮り比べをした。データを持ち帰れなかったので液晶の10倍拡大での比較だけだったけど、同じ24-105を付け替えて、同じ絞り、同じ感度で遠くの看板を撮影。どこまで小さい文字まで解像できるか調べた。

5D2圧勝。

何度撮り比べても、1Ds3が上回ることは結局なかった。

もちろん、まだ発売前だったし、Sタワーにあったのがスペシャルチューンの5D2の可能性も残ってたので、ブログでは書いてなかった。しかし、こうして発売され、性能が確認できたので言う。5D2は1Ds3より解像感で1段分、ノイズで2段分優れている。つまり、ローパスの素材の良さよりも、DISICの進化の方が大きかったということだ。どこかの比較で1Ds3の方がまだ上っていうのを見たけど、ぜんぜん賛成できないなぁ。

1Ds3は確かに、カメラとしての信頼性、安定感、シャッターのキレなどで圧倒的に5D2を上回っている。でも、1Ds3の値段で5D2が2台とLレンズが買えるとなると、重くて高い1Ds3は私の中で急速に色あせていった。Sタワーを出て、私はすぐに5D2を発注した。そして、1Ds3をヤフオクに出した。

幸い、私の1Ds3は50万円以上で売れたけど、その後の相場は軟調のようだ。逆に今期待しているのは、1Ds3がもっと安くなってくれること。5D2にまあまあ匹敵する画質で、あの完成されたボディであることを考えると、5D2+10万円くらいまで下がれば、買いなおしてもいいかなぁと思なくもない。そう考えると、5D2ってのは他機種の値段を暴落させた恐ろしいキリングマシーンだった。当初の予定通り、1600万画素で出していればこんなことにはならなかったんだろうけど。

将来的には、1Ds4が3000万画素、50万円くらいで登場してくれると、かなり悩ましくてよい。いずれにしろ、D3Xが80万円ってのは、そりゃないやろうと思うのである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »