« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/13

ラビリンス

8月の日食の写真を処理し直してる。当時は速報で急いでたのと、その後、フォトショップのテクが上がったのとで仕切りなおすことにしたのだ。

Photo

レイヤーとマスクの使い方に進化を感じるなぁ・・・。当時は、3段階に露光した写真をそのまま漠然とコンポジットしてたので、空の色がうまいこと出なかったり、城壁のディテールがもっさりしたりしてた。

今回は、一番空の色のいい写真をベースに、真っ黒に落ちている城壁部分だけ明るい写真から、さらに真っ黒な手前の草原はさらに明るい写真から、そして、日食の中心部は露出を抑えた暗い写真から抽出した。画面右にある白黒の画像「マスク(=暗室で言う覆い焼きの紙に相当)」の形にそれが現れている。

で、一応完成としたのがこの写真。

Kayokukan2

ちょっとトリミングが違うけど、前の写真と比べていただけるとどうでしょうか?

ちなみに嫁は「どっちも変わんね」とありがたい言葉をくれました。泣いてやる (;_;)

Kayokukan

ところで、コロナの写真も処理してるんだけど、こっちは本当に難しい。深い深い無限の回廊にはまり込んでしまうようだ・・・。

パソコン的にも、同時に扱う画像が7枚を超えるあたりからメモリ(現在4G、認識は3Gちょっと)がオーバーフローして重い。分割して処理すればいいんだけど、試したいことがいろいろあるのでとりあえず乗っけたいのだ。やっぱ、そろそろ 64bitOS とメモリ8Gあたりかなぁ。これならメモリも6Gくらい使えて、現在の4倍くらいになると思われる。でも10万円コースだなぁ。うぅむ・・・。

フォトショップCS3は本当に軽いソフトなので(メモリの使い方がうまい)、ペンティアム4の3GHzでもサクサク動くんだけど、このあたりが一つの限界点らしい。ちなみに、ステライメージ5や6はすごく重いので、相当高スペックなPCが必要だ。そう考えると、CS3って安いなぁと思うわけです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

円高になると三脚が欲しくなる

ちょっと古い話になるけど、フォトキナ2008でジッツォから新型三脚が発表された。

Gitzo1

オーシャントラベラー GK1581OT である。GT90TTの(というか、GT1541Tの)デザインをそのままに、金属部をステンレスに変更。伸縮部は防水・防塵使用で、それを強調する水平線のような真っ青なラインが入った。デジカメWATCHによると、発売時期・価格は未定という。

私はこれほどカッコよい三脚をほかに知らない。素敵すぎ。ほすぃ。(これらの写真はカタログ(PDF)から←巨大ファイルなので注意)

Gitzo4

Gitzo6_2

見れば見るほどたまらぬ。まぁ、(まだ)買えない三脚の話はいいとしても、気になるのは最近の円高である。世界経済は崩壊してるみたいだけど、円高になるとドル建ての買い物や旅行がしやすくなるのも事実。こりゃB&Hあたりで GT3541LS でもいっとっか? B&Hは個人輸入に定評があって、利用されている方も多いようだ。日本までの送料は60~70ドルあたりだけど、そもそもの価格が安いのと、最近の円高で、日本の中古と大して変わらない価格で最新型が買える。すばらしい。やっぱ、いっとっか?

ところで、ジッツォの三脚って、最近とてもいいんだけど、この型番がとっつきにくいのが難点だと思う。ちょっと解説すると、パイプの太さで00型~5型までシリーズ分けされている。

  • 00型 16mm
  • 0型 20mm
  • 1型 24mm
  • 2型 28mm
  • 3型 32mm
  • 4型 37mm (カーボンのラインナップはなく、アルミのみ)
  • 5型 41mm

例えば、GT3541LS の四つの数字は、シリーズ番号・素材番号(アルミが3、カーボンが5、バサルトが9)・段数・モデル番号で、 3型・カーボン素材・4段を示している。下一桁はマイナーチェンジすると増える。こないだまで 3540 だったのだが、今年 3541が出た。三脚の空回りを避ける構造や、Gロック(上に乗せたものの重みで締まる構造)などが追加されている。また、Lは長いやつ。Sはシステマチックの意味である。素材は、アルミ→バサルト(溶岩を繊維化したもの)→カーボン6Xとなるほど新しく、軽い。

私は以前、パイプ径25mmのベルボンのカーボン三脚を使ってたんだけど、どうにも星がぶれる問題があった。ジッツォの3型(32mm)に変えたら一気に解決した。ジッツォに限らず、30mm前後に一つのブレークスルーがあると思う。その境目はどこなのか? もし、2型(28mm)でも十分なら、軽いし、そっちにしたい気もするけど、3型の象のような安心感は何物にも変えがたい。

ちなみに、5型も勢いで手に入れましたけど、広角を使う分には必要ないと思います。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/04

ProPlatinumきました

Proplatinum

発送完了しました。あさってごろには到着すると思います。もうしばらくお待ちください。

さて、ProPlatinumですが、入手できない問題があるんですか? 私の場合は先月中にyodobashi.comで発注したものがそのまま届いたんですが、確かに現在はヨドバシからも、キヤノンからもカタログ落ちしてる・・・。じゃ、手元にあるこれはなに? (^_^;;; 出荷後に一部の用紙で欠陥が見つかって、あわてて回収中と見るのが自然かなぁ。

肝心の使い心地は、厚くてしっかりしてます。白いぷつぷつも見られないし、いいんじゃないでしょうか。でもまぁ、私は発色とかについて厳しい目を持ってる訳じゃないので、普通に使えてるって以上でも以下でもないですね。

実際、これで発売が延期になったとしても、フジのインクジェット用紙も優秀だし、キヤノンがなくても別に困りはしないってとこじゃないでしょうか。えぇ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/10/01

応募ありがとうございました

こんばんは。今回はプレゼント企画に何人もの方が応募くださいましてありがとうございました。コメントで手を挙げてくださったり、メールをいただいた方には先ほど、こちらから確認の意味も含めてメールをお送りしましたが、もし届いていない方がいらっしゃいましたら、再度ご連絡くださいますと幸いです。よろしくお願いいたします。

ところで、メールにも書きましたが、今回写真を希望された方のプリントには、キヤノンから今月発売される新プリンタ用紙を使おうと思っています。この用紙のテストも兼ねるためです。ついでみたいでスイマセン。一応「10月上旬発売」となってますけど、発売が遅れたら発送も遅れそうですので、気長にお待ちくださいますと幸いです。

    2768b009m_2

しかし、キヤノンから夏に出た「プロフェッショナル用紙」のテストもしてないのに、もう新しい用紙とは・・・。昔のプロフェッショナル用紙は表面に白いぷつぷつがあったりして、途中からフジの画彩proを使うようになりましたが、これはどうなんでしょうね? 楽しみ半分・びくびく半分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »