« 最終シミュレーション | トップページ | よっちゃんサンクス、でもちょっとやりすぎた »

2008/08/06

ワレ、日食観測ニ成功セリ

先ほど中国から無事帰ってきました。なんか西のほうではいろいろあったみたいですが、個人的には快適・快調の「シルクロードうまいものツアー」でした。

Kayokukan

肝心の当日も、「かよくかん」は終日晴れ。ただ、薄い雲がかかっていたので、拡大写真でコロナの微細な構造がどこまで描写できるかは課題になりそうです。

写真はD700+24-120(62mm)。これはjpgですが、RAWファイルをちょっと見てみた感じではさすがニコンのフラッグシップ。キヤノン5Dのような懐の深い描写に見えます。D3より偽色も減ってるとのこと。どうしてもニコン!という方にはいいんじゃないでしょうか。

 

Kayokukan2_2

Kayokukan3

Kayokukan4

こちらはED103Sに1DsMk3。やっぱ前回のリビアより、焦点距離が長くなってるのが効いてる気がします。さ~、これから処理がんばるぞ。

ところで話題は変わりますが、星景写真でインターバルの隙間を埋める技ですが、ここ1年は使ってませんよ~。先日も書きましたが、あの隙間は jpg のシャープ処理によって発生するので、その処理をキャンセルすればいいんです。これのピクセル等倍映像でも隙間はないでしょ?

|

« 最終シミュレーション | トップページ | よっちゃんサンクス、でもちょっとやりすぎた »

コメント

晴天やりましたね!良い旅行だったみたいで何よりです!!!
皆既日食、生きてる間に一度はこの目で見たいです。

投稿: 凧tako | 2008/08/12 00:08

>starwakerさん

ブログ見ました。レインボーブリッジが決まってますね。隙間も少なくなったようで安心しました。露出時間によっても変わるみたいですから、ぜひいろいろ試してみてください。

>Fuuma-mfukさん

ようこそいらっしゃいました。効果があったみたいでよかったです。これからも遊びに来てください。

日食は幸いにも晴れに巡り合いましたが、天気ばかりはどうしようもありませんからね。来年はどうかなぁ? また悩ましい1年が始まります。。。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/08/11 13:25

はじめまして、ふうまと申します。starwalkerさんのところから来ました。
天文ガイドでは素晴らしい作品をいつも楽しみにしています。
僕も40DやKissDNで比較(明)の処理をあれこれ試行錯誤していまして軌跡が途切れて困っていました。ピクチャースタイルをニュートラルにするということ、とても参考になりました。
さっそく試してみましたが、見事に途切れがなくなりました。これは素晴らしいですね。

それと日食、東山さんのところは晴れたんですね。知人が行った新疆ウイグル自治区は日食のときだけ雲ってしまったと残念がっていました。
またお伺いします、ありがとうございました♪

投稿: Fuuma-mfuk | 2008/08/11 00:05

シャープ処理の回避方法はピクチャースタイルで調整できるんですね!
これで隙間のない写真が撮れそうです。
ありがとうございました☆

投稿: starwalker | 2008/08/07 06:33

Starwakerさん、こんばんは!

戻ってまいりました。ありがとうございます。天気ばかりはどうにもなりませんからね。晴れてくれたのを素直に喜ぶことにします。

さて、シャープ処理の回避ですが、「ピクチャースタイル」を「ニュートラル」にしてください。これが「スタンダード」だとシャープ+3、風景だと+4になりますよね。この処理のことです。

結果的に画面全体が眠くなってしまうかもしれませんが、それはのちの画像処理で改めてシャープをかければいいのです。参考になれば幸いです。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/08/06 23:54

日食撮影成功おめでとうございます!
晴れてよかったですね。
ハワイ日食で直前に曇られた経験があるので人事ながら日食で
晴れたと聞くとうれしくなります♪

ところでJPEGでシャープ処理をキャンセルする方法ですが私の40Dをいろいろいじったり説明書を読んでもやり方がわかりません。5Dなど一部の機種の機能なのでしょうか?それともなにか方法があるのでしたら教えていただければ助かります。

投稿: starwalker | 2008/08/06 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワレ、日食観測ニ成功セリ:

« 最終シミュレーション | トップページ | よっちゃんサンクス、でもちょっとやりすぎた »