« ランデブー | トップページ | 最終シミュレーション »

2008/07/26

ニコンD700、ダークノイズテスト

先日、D200で撮影する機会があったんです。

日食に持っていこうと思って親父から徴収した後、銀座のニコンSSでCCDをクリーニングしてもらった帰りの車内で、チャイルドシートに座っていた息子を撮りました。

その時は、なにも考えてなかったんですよね。

ちょっと暗かったので、何気なくISOを1000にした。

たまたまモードはRAWだったんです。

jpgでよかったのに、設定を間違えてた。

帰ってきて、しまったRAWだった、面倒くさいなぁと思いながら、フォトショップCS3で展開して・・・息をのみました。

 

 

ニコンを使ってる方は、苦労されてたんですね・・・。

 

ちょっと前まで、まぁ、キヤノンは優秀だけど、もうそれほど差はないだろうと思ってました。

でも、うちのブログによくコメントをいただくエイイチロウさんが、ニコンからキヤノンに乗り換えて、見違えるくらい星が写るようになったと。

一方で、ニコンは付属ソフトのニコンキャプチャーがとても優秀だという話も別ルートで聞きました。

 

そりゃそうだよなぁ~、これだけ膨大なノイズをきれいに消してしまう高性能な処理なら、確かに小さな星はきれいさっぱりなくなっちゃうはずですね。

まぁ、それはRAWの話ですが、jpgでも同じような内部処理をしているのでしょう。

 

日食に持っていく気が失せました。

 

で、

D7001  

D700さん、こんにちは。

えぇ、購入しましたとも。買いましたとも。

さすがに、自分のアホさ加減に驚きを隠せない。まぁ、それはいいです。

D7002

とりあえずの印象としては、CFのふたがキヤノンみたいになってとても扱いやすくなった。

10ピンターミナルのふたが、ねじ込みのキャップじゃなくなってなくさないようになった。

これはとてもすばらしい。

 

でも、10ピンのリモコンの取り付け方法は人間工学をまるで無視。

萎えるなぁ。これはD700のせいじゃないのかもしれないけど。

 

撮ってみると、さすがに高感度に強い。

ISO3200は常用です。キヤノン5DのISO800くらいのノイズレベルかな。

これは撮影の幅が広がりそうですね。

 

天文的ダークノイズも撮ってみました。

ISO1600で15分間、エアコンの設定は28度なので、温度はそれくらいです。

 

残念ながら、RAWがCS3で読めないので、jpgでもいいですか?

判断は、各自にお任せします。

生データをどうぞ。

「DSC_0006.JPG」をダウンロード

|

« ランデブー | トップページ | 最終シミュレーション »

コメント

こんにちは、先日はどうもありがとう。

D700を買ったんだね、高感度を操るには最高のカメラだと思います。
僕も結婚で、フルサイズのカメラが欲しく、色々と夢(だけ)を見ています。
このカメラに、標準もしくは広角のF1.4クラスレンズって、一般撮影では無敵なのではないでしょうか?
使い分け次第で、物凄くいい写真が撮れると思います。
D3のように大きくないのも、魅力の一つですね。
クオリティはD3と変わらないわけですし。

ダークについては、やはり多いのかもしれませんが東山さんの撮影スタイル(短時間露光)には合っているかもしれませんね。ISO1600で15分というと、ISO400で1時間…。僕ですらまずやらない長秒撮影だから…^^;

露出時間を要しないジャンルでの新境地、楽しみにしています!

投稿: よっちゃん | 2008/07/26 05:33

きた~D700!

D700の日記が「天文」のカテゴリーに入っていないから・・・ダークノイズの多さを気にしているってことかな?

#D70より断然ノイズ少ないと思うけど・・・笑。

投稿: naka | 2008/07/26 08:33

>nakaさん、こんばんは!

ダークノイズのサンプルは、実は頼まれて撮ったんです。最近はISO1600、15分露出の結果がベンチマークになってるみたいなので。個人的に、こいつを天文に使うつもりはないので、データ提供ですね。日食では、風景+日食の写真を撮るのに使う予定です。

>よっちゃん、いらっしゃい
一般撮影にはかなり強いと思うよ。ISO3200、6400あたりが常に使える領域になると、今まで撮れなかったものが撮れるハズ。逆に、これまでの考え方から飛躍した撮影手法を考案する必要があるかも。

でも、そうだねぇ、1Ds3がやっぱり最強かな。3200も十分使えるし。昔、5Dの画像を初めてPCで展開したときは衝撃だった。2ヶ月前、1Ds3の画像をA4に焼いたときも衝撃的だった。でも、D700は今のところ、それほどの衝撃はないなぁ。ただ、1Ds3もPCで見てたときは「こんなもんか」と思ってたので、今後はわからないけどね。それでもやっぱり5D2に期待しちゃうところはあるね。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/07/27 03:51

買っちゃいましたか! やっぱ天体用には使えないですか…
なんか分割みたいな縦線がはいってますが、これはノイズ以外にも問題ありそうですね。

投稿: 凧tako | 2008/07/28 15:26

凧さんこんばんは!

なんでも、分割CMOSはそういうもんなんだそうです。ISO1600、15分でようやく見え始めるというのは優秀という意見も・・・? でも、このあたりは専門家の意見を聞きたいところですね。

ま、一般撮影には最強でしょうから、これでいい日食写真が撮れたらまたアップします(^o^)/

投稿: 東山まさのぶ | 2008/07/28 22:55

ご無沙汰してます
先日ペルセウス座流星群を撮影してきましたが、そういう用途にはD700とか良さそうす
感度が高くとれて暗いのも写りやすくて、jpegで周辺の収差も補正されててますしね
とはいえNikon伝統?の偽色の問題もありますし、長時間の熱ノイズは多めみたいですから短時間の連続も厳しいかな?
また作品のほう期待してます

投稿: asuka | 2008/08/14 09:43

asukaさん、お久しぶりです!

D700は、偽色がD3より少なくなってるみたいですね。もしかしたら同じCMOSじゃないのかもしれません。熱ノイズについては、ちゃんとした評価をしてないのでわかりませんが、流星撮影や大量コンポジットのような撮影では問題ないんじゃないでしょうか?

とはいえ、残念ながらD700はすでに手元にありません。

というのも、D700は良くも悪くもキヤノン5Dのような描写なんです。画素数は多くないけど、その分感度が高く、ローノイズで、出力する画像の懐が深い。もちろん、5Dより高い感度やライブビュー、14bit処理、ノイズリダクションは魅力的です。今回の日食にわざわざ持ち込んだのも、自動で9段階のオートブラケットができるからでした(5Dは3段だけ)。

しかし、通常の私の用途ですと、5Dのほうがレンズが共有できる分有利です。しかも、最近はその5Dすらほとんど使っていません。1DsMk3がすごすぎるのです。4×5に匹敵するという評判はダテじゃないと思います。わたしもかつて4×5を使ってましたけど、それが手持ちで連射でき、AFまで使えるなんて夢のようです。

あと、個人的にこういう定性的な話は好きじゃないのですが、確かにそうなので書きます。シャッターを切ったときの感覚がたまらないんです。これは1DシリーズやD3もそうでしょうけど、画像の消失時間が少ないからか、タイムラグが少ないからか、秒5コマなのに秒6.5コマの40Dより軽快に感じます。とにかく写欲をくすぐるカメラなんです。

ということで、5Dの出番はいまやほとんどなく、D700も手放されました。5Dも5Dの後継機がでたら下取りに出されるでしょう。しかし、その5D後継機もおそらく、Hα改造機にしちゃうんだと思います。。。それくらい、1DsMk3が別次元なんです。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/08/15 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニコンD700、ダークノイズテスト:

« ランデブー | トップページ | 最終シミュレーション »