« 福井でCS3の概念を知る | トップページ | D700 購入シミュレーション »

2008/07/01

Nikon D700?

Nikon からフルサイズ中核機 D700 が発表されるという。きょう7月1日に。下の画像は、フライングで掲載されたというドイツの雑誌とされる画像。

D700

それによると、D3と同じ1200万画素CMOSを積んで秒5コマ。D3にはないダストクリーニング機能と内蔵フラッシュがあって、値段は2600ユーロだという。

ニコンが元気なのはすばらしいことで、定評あるD3のCMOSを積みつつ、D3ほど高速連射は必要ないという多くの人が待ち望んでいたカメラといえましょう。

問題は値段ですが・・・関税とかいろいろあるので欧州の2600ユーロをそのまま為替レートで換算するのは正確でない、国内では30万円前後では?という予測がされている。でも30万円は高いと思う。

画質では定評あるキヤノン5Dは現在、21万円ほど(一時期19万円まで下がったが、より戻した)。30万円といえば、5Dと24-105mmF4 IS を買ってお釣りの来る値段である。ライブビューと14bitと、できのいい液晶と内蔵フラッシュとに、それだけの差額を出せるか。天体的に言えば、5DのCMOSの方がたぶん、低ノイズだったりもする。ま、ボディのできは絶対ニコンのほうがいいにきまってるけど。

また、ニコンには現在、24-105に匹敵するレンズがないという点もつらそうだ。24-120VRはあるけど、設計が古すぎて切ない感じ。まぁ、それでもフルサイズの威力でどうにかしてしまうのか?

総合的に考えると、どないやろ? 25万円ならボチボチ、20万円だと行っちゃえって感じですか? でも、そこまで安いと5Dだけでなく、自社のD300も殺してしまいそうなので、やっぱがんばっても25万円くらいなんでしょうかね? ま、あと12時間、寝ながら楽しむことにします。

|

« 福井でCS3の概念を知る | トップページ | D700 購入シミュレーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nikon D700?:

« 福井でCS3の概念を知る | トップページ | D700 購入シミュレーション »