« 新RAPにRAWコンポジット実装 | トップページ | 2000万画素超の世界へ »

2008/04/22

日食、とりあえずメーン鏡筒決めた

2008年8月1日の皆既日食。先日書いた嘉峪関へのツアーに参加することは決めた。代金も振り込んだ。後方の憂いなし。あとは攻めるのみである。

さて、日食で最も重要なのは、コロナを撮影するデバイスと、メーン鏡筒の選択だ。まぁ、個人的に今回の最重要テーマは大量コンポジット日食写真なので、コロナは次点の目標ではあるのだが、コロナを制さずして皆既日食は語れぬ。八方美人の全方位外交で幼いころから損ばかりしている。が、とりうる最高のコンディションを考えておかねば、月と太陽の奇跡に申し訳が立たないのだ。

さて、まずデバイスの選択である。これはデジタル一眼レフを使う。ブローニー版以上のフィルムで撮影して業務用スキャナーでデジタルに取り込むアテもつけたのだが、いかんせん画像処理に至るまでのプロセスが面倒くさすぎる。

デジタル一眼レフは、35mmフルサイズにすることまでは決めた。どんなにAPS-Cが進化しても、3年も前の機種である5Dの足元にすら及ばない、というのが今の実感だからだ。ただ、機種を手持ちの5Dにするのか、それ以外の機種にするのかはまだ未決定。ここは悩んでいる。5Dの後継機が発売されそうだけど、8月には間に合わなさそう。だとしたら・・・?

でも、画像素子サイズが決まれば、必要な望遠鏡の焦点距離も見えてくる。前回のリビア日食は5DとED81S。正直、600mmは短いと思った。800mmなら、太陽の視直径が画面の1/3になる。やはり、これくらいは欲しい。そしてEDかフローライトで、1Dシリーズになっても接眼部が耐えうる鏡筒というと、現実的には高橋かビクセンの60mm接眼部の機種くらいしか思いつかない。76EDLも持ってたけど、ヘリコイドMでは厳しいと判断して手放した。同様に、最近流行のクレイフォードも信頼性に疑問が残る。高級なものもあるようだが、実績の分からないパーツに5万円は出せないと思った(ハッセルのヘリコイドが6万円くらいで買えるし)。

で、悩んだ末、出した答えは・・・

Ed103s

ビクセンED103Sでした~。えらい講釈たれた割にツマンナイ答えでスイマセン。いやだって、60mmサイズの接眼部になって以降のビクセンって、やっぱすごいよ。コストパフォーマンスは極めて高いと思う。高橋のFSQ85EDも出るけど、こと日食に関しては2群2枚くらいまでの光学系がいいでしょ。そして、なにより軽く、光軸もがっちりしてる。実は手元にED80S(720mmF9)もあるので、そっちとほんの少し迷ってたりするんだけど。それにしても、いつの間にこんなにビクセン好きになってしまったのか。Vixenラブ。

赤道儀はGP2ガイドパック。搭載重量的には問題ないけど、マウントだけはさらに考えねば。写真はジッツォの雲台を取り付けてみたもの。これもかなり強力でステキなんだけど、重心がかなり北側に寄ってしまうのが問題。最終的にはK-astecさんから5月ごろ出る新型マウントあたりになるのではないかと思われる。一歩一歩進んできたぞ。

そういえば、ツアーを決めてない人ってまだまだ多いようで、先日書いたツアーも募集が延長になりました。まだ参加可能みたいです。5月号の星ナビで紹介されることが決まったようなので、もう黙っておく必要もないかな。このツアーの企画・取りまとめ人は沼澤茂美さんです。私は、こと日食に関してはこの方が第一人者だと考えているので、その人についていくのが最も近道だと思う。なんの近道かって? そりゃ、超えるためですよ。

|

« 新RAPにRAWコンポジット実装 | トップページ | 2000万画素超の世界へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日食、とりあえずメーン鏡筒決めた:

« 新RAPにRAWコンポジット実装 | トップページ | 2000万画素超の世界へ »