« 5Dのミラーが外れた | トップページ | 重量級のドキュメンタリー »

2008/02/24

許容される範囲

先日、5Dが壊れる直前まで撮影していた画像をコンポジットしてみました。

Ginzapopo

銀座4丁目交差点。有名な、和光の時計台です。この和光のビルは交差点のほぼ真北に位置しているので、反対側の日産ギャラリー前に陣取ると、時計台のすぐ左に北極星が見えます。この時期は星座の位置が悪かったので、春になったらもう一度撮ろうと思ってます。

 

ところで、上の写真には細工があります。実際にここで撮影すると、深夜2時でもかなり車の通りが多く、交差点はヘッドライトで真っ白になってしまいます。こういうとき、どうします?

ある程度普通に撮影して、そのあと画面の下半分を黒い布で覆っちゃえばいいですよね。じゃ、それをデジタルでやったら、どうでしょうか。

具体的には、1000コマ撮影したとして、999コマをまず比較明合成。それで出来上がった画像を、下半分だけ真っ黒に覆い焼きしたのち、最後の一コマを比較明合成してやる、と。実際、にそのまま比較明合成だけした画像は、下のような感じです。

Ginza3

これだと、情緒もへったくれもありません。でもこうやって消すのって、どうなんでしょう?

撮影時に黒い布で覆っても、あとからデジタル的にデータを飛ばしても、やってることは論理的に同じだと思うんです。でも、なんとなく前者はOKだけど、後者はダメなような気がする。

今日、ちょっとした飲み会があって、天文写真のエキスパート何人かに聞いてみました。やはりみんな、後者の処理には違和感があるようです。でも、例えば、星雲の画像に人工衛星の軌跡が入っていたら、それを消すのはあたりまえのようにされていますし、私もさほどの違和感はありません。じゃ、人工衛星の軌跡を消すのも、車の軌跡を消すのも一緒ではないか?

それでも残るこの違和感。どう考えればいいのでしょう?

|

« 5Dのミラーが外れた | トップページ | 重量級のドキュメンタリー »

コメント

天体写真はおろか銀塩写真も全くやってこなかった者にしてみれば,
東山さんのおっしゃる「違和感」を持つこともできません。
これがいいことなのか,悪いことなのかもわかりません。

でも(私を含めて)若い世代は最初っからデジタルなわけですから
(画像処理を前提に撮影する人も多いでしょうから),
こういう「違和感」は減少していく方向にあるとは思います。

投稿: satoko | 2008/02/24 10:07

東山さん 昨夜は、ありがとうございました。
大量コンポジットを楽しんで行きたいと思います。
カメラのミラーが脱落するのは、恐ろしい現象ですね~。
現在、持っているカメラは、S5Pro、40D、K10Dなんですが、この中では、S5Proが最も信頼できそうですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ベランダGPD | 2008/02/24 22:39

まさのぶさん、こんばんは。

・自然な手法を貫いて、結果として違和感ある作品になってしまうこと。
・違和感ある手法を用いて、自然な作品を得ること。

二者択一だったら、私は後者を選びますよ。
長年残される大傑作を手がけるならまだしも、私の拙い作品なんてパパっと見て捨てられる運命…。
花火の如く、人様が見る限られた一瞬の中で勝負したいです。

投稿: よっちゃん | 2008/02/25 02:07

みなさん貴重なご意見ありがとうございました。

>とこちゃん
そうだねぇ。普通の人は処理をどうやってるか、なんて気づかないもんね。普段見慣れてる写真がどう作られてるのかなんてわからない。そう考えると、ちょっと怖くない?

>ベランダGPDさん
先日はありがとうございました。楽しかったです! また、光害地の写真、奨励賞おめでとうございました。5Dは今日、修理から上がってきました。キヤノンは「大変失礼しました」と平謝りで、無償修理でした。やはり5Dのミラー外れは頻発しているみたいです。現在は接着方法が改善されていて、現行は対策済みだそうです。

>よっちゃんさん
またまた! よっちゃんの作品こそ傑作ぞろいじゃないですか。でも確かに、結果がすべてなのかもしれませんね。ただ、その写真がサイエンスなのか、アートなのかでやはり何がしかの線引きは自分の中で必要なのかもしれません。これからも悩み続けたいと思います。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/02/26 00:48

ありがとうございます。ちょっと恥ずかしい受賞ですが^^;
ところで、5D良かったですね~。傷とか無かったのですよね。連写中にミラーがボックス内で踊っているのを想像すると、怖くなります。
そういえば40Dのライブビューでの静音シャッターで連写すると、ミラーはUPした状態で連写出来ました。
この方法なら、問題ないのかも知れませんね。今度、試してみます!

投稿: ベランダGPD | 2008/02/26 12:31

 ベランダGPDさん

こんばんは。幸い傷もなく、復帰してくれました。しかし、これが日食の最中だったらと考えると、恐ろしくて夜も寝られません。。。(^_^;;;
40Dのライブビューはほんといろいろ楽しめますね。おそらく、一番のメリットは消費電力がかなり少なくできそうなことではないかと思います。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/02/27 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 許容される範囲:

« 5Dのミラーが外れた | トップページ | 重量級のドキュメンタリー »