« 難敵 | トップページ | 許容される範囲 »

2008/02/21

5Dのミラーが外れた

想像を絶する故障が起こるもんです。先日の大量コンポジット撮影中、3秒間隔でリズムよく響いていたシャッター音が突然変調。あわててレンズを外してみたら、ミラーが脱落して内部で踊っていました。

深夜2時の銀座4丁目交差点(和光と三越がある)で思わず叫びそうになった。なんじゃそりゃ~!

こんなことあるか普通? ファインダースクリーンにも傷がつくし、ミラーの端っこは欠けていたので、小さな破片がCMOSの方まで行ってしまったかもしれません。

確かに、うちの5Dは一晩で5000コマとか撮影するので、そろそろ10万カットくらいだと思いますが、これで16-35IIにも傷がついていたら冷静ではいられなかったでしょう。

翌朝キヤノンのSSに持ち込んだものの、さっきネットで調べてみたら同じような症状があるわあるわ・・・。特に昨年後半くらいからよく報告されています。

となると、これはもうミラーの接着剤に問題があるとしか思えない。こんなカメラ、重要な撮影には怖くて持ち出せません。どんなにCMOSが優秀でも、根本的な技術力を疑うなぁ。

ニコンだったらありえない故障です。あ~も~ニコンに戻ろうかなぁ。14-24も使いたいし、ナノクリスタルコートにも溺れたい。でももう一声、もう一声なんだよなぁ。

|

« 難敵 | トップページ | 許容される範囲 »

コメント

職業柄,「工程ミスか?」などと勘繰ったりしますが(笑)
ご愁傷さまです。

個人的には,ここで「正義の」D3ですよ!
例の主題歌とともに,高らかに購入を宣言されることを期待してやみません!!

投稿: satoko | 2008/02/22 20:50

どうなんだろうねぇ・・・。

デジカメって発展途上のシステムだから、電気系やソフト系に不具合が出るのはわかるんだけど、ミラーやシャッターなんてカメラの根幹だから、それが弱いってのは話にならんな。

D3は、残念ながら暗い星がほとんど写らない(ノイズと判断されて消されちゃう処理になっている)らしいので、描写だけは最強の5Dから乗り換えるのはちょっと悩ましい感じ。

CCDはニコンやそのほかの会社にもソニーが供給してるんだから、キヤノンがニコンにCMOSを供給してくれないかなぁ・・・。キヤノンのCMOSが乗っかったニコンのボディってのがあったら最強だろうね。マウントはEFマウントで、絞りだけは電気式じゃなくてFマウントの機械式にする。これで絞り込んだ状態でも連射速度が遅くならない。すばらしい。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/02/22 21:33

「キヤノネット」という言葉があるくらいですから,
きっと仲が悪いんですよねぇ,キヤノンとニコン。
詳しくは存じませんが。

投稿: satoko | 2008/02/22 23:52

こんばんは、5Dは災難でしたね。
結構出ている不具合のようで・・・はやく無事に戻ってまいりますよう。


検索結果をみると、接着剤の特性が経時劣化して起きたようにもみえるので、
単純なシャッタ数だけではないようにもおもえますね。ちょっと中古が怖くなりました(>_<)

ただ、昨年後半から同じようなのが増えているということは、壊れるまでの時期も同じであれば
ある意味よく品質管理されていたともいえますが(笑)

メカが弱いと、やっぱり気になりますね。
一眼カメラは天体に使う場合は特に信頼性の高いものであって欲しいです。


沼澤さんの雑誌記事でニコン14-24もみました。すごそうですね。
ただ、D3では偽色がでると記事にありました。
逆にそれだけ星像が小さい(画素サイズなみに)というわけで、それはそれですごいことです。

これを見てふっと思ったのが、画素が小さくなるメリットもあるんですね。
画素は大きいほど一般にはS/Nいいわけですが、S/Nを写すのが目的ではないし・・・
回折像よりも遥かに小さい画素で、将来は、なにか超解像などでもできそうな気もします。
妄想ですが。10年先の。


ちなみにS/Nは画素(サイズ)だけではなく、ゲート酸化膜やら、配線幅、層間膜などで
総合的に決まってくるものとおもっています。Trのばらつきや1/fノイズの抑制には酸化膜など
先端微細プロセスからのフィードバックも重要だと考えております。

#画作りは別として、、、今後は先端半導体を手がけているぶんSONYが有利?
#それならむしろサムソン??
#デジタルは発展途上なだけに、これからが楽しみですね。

投稿: エイイチロウ | 2008/02/23 21:31

エイイチロウさん

ご心配いただいてありがとうございます。

5Dはフルサイズをあの値段で出しているんだから、CMOS以外の部分はコストをめいいっぱい削っているのでは?という意見を今日聞きました。確かにそうかもなぁ、と感じ入った次第です。

やはり、キヤノンは総合電機メーカーであって、カメラメーカーじゃないのかもしれません。興味深いのは、今回の5Dを受け取る際に、キヤノンがなんと説明するか、です。これを単に経年劣化で片付けてしまうような対応だと、品質管理だけでなく、品質向上への姿勢も疑ってしまいます。

投稿: 東山まさのぶ | 2008/02/24 03:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5Dのミラーが外れた:

« 難敵 | トップページ | 許容される範囲 »