« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/28

We did it !

ついにやったった。

12時間超えの計12時間31分露出です。ここに至るまで何度雲に行く手を阻まれたか。しかし、ようやく半日以上の快晴を得ました。今となっては、そのすべてが懐かしい。

Lb

2007/12/26 17:21 -> 12/27 05:52  total 12h31min

CanonEOS5D, EF16-35mmF2.8L USM II, ISO160, 10sec, F5.6, 3695frames

GITZO 1329MkII, 12v 19ah -> 8v , TC-80N3

長時間露出に関しては、これで思い残すことは何もありません。来年はお気軽に撮影します。ってことで、きょう帰省します。みなさんよいお年を。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/12/22

20D,30D,40D,5D用外部バッテリー

懸念となっている5Dなど用の外部電源ですが、現在はこんな形に落ち着きました。

Bat1

マリン用バッテリー19ah + 12V→8Vアダプター「CS-DC3」です。

マリン用バッテリーは13ahと19ahのものが出回っていて、充電器つきがヤフオクで5000~7000円程度。重量は13ahで4.5kg、19ahだと6kgくらいで、なんとか持ち運べる重さです。

マイバッテリープロnの容量が8800mah(8.8ah)ですから、それを上回る大容量ともいえます。が、超高性能なリチウムイオンと、昔ながらの鉛バッテリーでは「実際に使える容量」に差がありますから、多少大きめのものを選んでおいたほうがいいでしょう。ただ、19ahというのは「14時間露出する」ことを狙った容量ですので、かなりのものです。

ちなみに、バッテリーだけなら秋月電子あたりで入手できるシリコンバッテリーのほうが安いし、いろんな容量が選択可能なんですが、今回はこういうショルダーケースが欲しかった。

次に、CS-CD3は、12VバッテリーからEOS用の8Vを供給させる天文写真家向けのパーツです。趣味人さんなどで、5D用カプラー込みで13000円程度で売られています。

内部は三端子レギュレーターですから、電気工学に詳しい方なら自作できるでしょう。部品代も安いですし。ただ、回路図が読めない方が一から勉強して、秋葉原で部品を買って作ってみて、うまくいかなくて再度作り直して・・・とやる手間を考えたら、市販品を初めから買ったほうが絶対安いです。自分の労働力を50円/時間程度に設定するなら別ですが。

ちなみに、写真の回路は自作品です。えぇ、作り始めてから、買ったほうが安かった!、と後悔しましたとも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/12

GT90TT この無駄なかっこよさ

ジッツォが創業90周年なんだそうな。

それを記念して390本限定で出したのがGT90TT(90th Anniversary Traveler Titanium Limited Edition)である。

90tt

なにこのムダなかっこよさ。

あの、逆折りできてステキに小さいGT1540Tの関節部と自由雲台に100%(!)チタンを採用。重量は1.1kgから1.18kgに80g増え、収納時の長さも39cmから41cmに長くなるんだけど(最大高は140cmのまま)、耐荷重が4kgから8kgに、雲台の耐荷重も2kgから4kgに倍増するという破壊力ある仕様になっている。

これにより、Weight to max load ratio (三脚重量あたりの耐荷重比)は、4:1から6.8:1になるという。

値段も破壊的で、ヨドバシカメラの値付けは30万円を超えている。まぁ、それも仕方あるまい。このビジュアルでは。

5Dが壊れたとか、8mm魚眼ごと水をかぶったとか、そんなことどうだっていいじゃないか。だって、三脚が30万円なんだもん。あ~、車さえぶっ壊れなければなぁ・・・(最近こればっか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

大量コンポジット動画

なかなかすかっと晴れてくれません。キーンと冷え込んだ冬型の気圧配置を期待しているのですが、何度撮影しても午前4時くらいから曇が・・・。

悔しいので、その素材を使って動画を作ってみました。

午前4時10分から午前6時10分くらいまでの2時間を1分に短縮してあります。

49秒目あたりの風の舞い方がステキ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/05

天文ガイドと星ナビ1月号

両天文雑誌の1月号にダブル入選しました。自慢話ですいません。

Nyusen

雑誌のコメントでも指摘されていますが、最近、長時間露出にこだわりすぎていたかもしれません。ま、それは、デジタルでも長時間の星景写真が撮影できるということを証明したかったからでもあるのですが。

あとは12時間超露出さえやってしまえば、今年の目標は達成です。来年は20分~1時間程度の、星座の形が分かりやすい星景写真にスイッチしようと思います。

それにしても、新潟の渡辺くんはホントすごいですね。ここ1年ほど、最もノッてる星景写真家に間違いないでしょう。オレも、負けてへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »