« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

冷却EOSkissDX

しばらく大阪出張やらその後の処理やらでドタバタしておりました。28日の皆既月食も大雨・雷警報の直撃を食らって沈没。日ごろの行いを思い返す毎日です。

さて、天文業界で最近ぶっとんだ商品↓これ

400dexcooler

冷却CCDならぬ、冷却一眼レフデジカメです。いや、もう、こんなアホな商品、私は大好きです。

受光素子を冷やせばノイズが減るのはよく知られていますが、それを一眼デジカメでやってしまおうという発想と気合がすごすぎる。製作元は韓国のCentralDSという会社(?)で、CMOSの裏側に貼り付けた銅板を外部に引っ張り出し、ペルチェ(と、思われる)で強制冷却しています。説明によると、外気温-18度まで冷やせるみたい。

天文雑誌で常連の山中さんが個人輸入して使い始めたようで、ほぼノイズなしの画像を吐き出してくるみたいです。冷却KissDXにHα透過フィルターを組み込んだセットでUS$2,150+EMSの送料。日本円で25万円くらいでしょうか。

個人的には、次のデジカメは14bitライブビューマシンにしようと思っているので、こいつの40Dバージョンが出たら考えたいところですが、その前に秋~冬がきちゃいますね。そうすると来夏までに買えばいいや、となって、そのころには5D後継機が発表されてて・・・となってしまうかも。ま、デジカメなんて、欲しいときに買うのが正解ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/13

ブラック星博士

出張で大阪におります。

で、昨日、兵庫県の明石市立天文科学館のプラネタリウムに行ってきました。ここでは知る人ぞ知る「シゴセン(子午線)ジャー」と、ブラック星博士のショーが見られます。

ブラック星博士とは、明石を通る子午線(東経135度)が基準になっている日本の標準時間をめちゃめちゃにしてしまおうと画策する悪の頭目。なにしろ、元祖天才バカボンのテーマソングをバックに、太陽を西から昇らせてしまうほどです。

ブラック星博士の悪さは毎回変わるのですが(ネタを考えるのが大変らしい)、今年のお盆は、惑星から降格になった冥王星を再昇格すべく、冥王星に小惑星カノンとセレスをくっつけてしまいました(図↓)。

Black

右でどないしたもんかと対策を練っているのがシゴセンジャーの2人。しかし、開演中のプラネタリウムの上に人が乗る図も初めて見ました。

子どもたちはおおはしゃぎ。大人たちは大爆笑。こんなプラネタリウムもいいもんです。シゴセンジャーのショーは15日まで、午前10時20分~ですので、時間がある方にはぜひおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事削除

一部の記事を削除しました。新たな情報から、ミスリーディングになると判断したためです。悪しからずご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

メモリ一新

パソコンのメモリを取り替えた。ノーブランドバルク品1G×2からCFD販売(バッファローの子会社)の2G×2=計4GBへ。もちろん、XP(32bit)では3G程度しか認識しないし、1プロセス当りも2Gまでしか使えないので、実は2G以上積んでもさほどの意味はないのだが、将来的に64bitOSで8G積むためには1枚で2Gないと間に合わん。今後の布石とした。

というのも、最近パソコンの調子がめっぽう悪かった。ちょっと複雑な処理をするとPCが落ちる。そのうち、ネット中にIEが落ちまくるようになった。再起動になっても、原因は「デバイスの問題」というだけでどのデバイスなのかさっぱり。

もしや、メモリか? こういうときは memtest-86 だ。ダウンロードしたプログラムをCDに焼いて、CD側からブートするとメモリーを調べてくれる。そしたら出るわ出るわ。エラーの嵐。1Gテストするのに30分くらいかかるんだけど、見てても飽きないくらいエラーが見つかった。

それにしても、2G×2の永久保障メモリが2万5000円である。何でも、使用中の熱でエラーが出るようになっても交換してくれるらしい。すごすぎ。もうバルクメモリなんか買う気にならん。ばらしたパソコンを組み上げて、しばらく遊んでたけど快調快調。寝る前に、もう一度 memtest-86 を走らせた。さっき起きて見てみたら、4時間で2回目のテストが終わったところ。画面には「test complete no error」の文字が。むひひ。素晴らしすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »