« ブラック星博士 | トップページ | 2008年8月、ロシア・中国皆既日食 »

2007/08/31

冷却EOSkissDX

しばらく大阪出張やらその後の処理やらでドタバタしておりました。28日の皆既月食も大雨・雷警報の直撃を食らって沈没。日ごろの行いを思い返す毎日です。

さて、天文業界で最近ぶっとんだ商品↓これ

400dexcooler

冷却CCDならぬ、冷却一眼レフデジカメです。いや、もう、こんなアホな商品、私は大好きです。

受光素子を冷やせばノイズが減るのはよく知られていますが、それを一眼デジカメでやってしまおうという発想と気合がすごすぎる。製作元は韓国のCentralDSという会社(?)で、CMOSの裏側に貼り付けた銅板を外部に引っ張り出し、ペルチェ(と、思われる)で強制冷却しています。説明によると、外気温-18度まで冷やせるみたい。

天文雑誌で常連の山中さんが個人輸入して使い始めたようで、ほぼノイズなしの画像を吐き出してくるみたいです。冷却KissDXにHα透過フィルターを組み込んだセットでUS$2,150+EMSの送料。日本円で25万円くらいでしょうか。

個人的には、次のデジカメは14bitライブビューマシンにしようと思っているので、こいつの40Dバージョンが出たら考えたいところですが、その前に秋~冬がきちゃいますね。そうすると来夏までに買えばいいや、となって、そのころには5D後継機が発表されてて・・・となってしまうかも。ま、デジカメなんて、欲しいときに買うのが正解ですが。

|

« ブラック星博士 | トップページ | 2008年8月、ロシア・中国皆既日食 »

コメント

はじめまして、山中(よっちゃん)です。
素晴らしい作品群を拝見して、酔いしれていたところでした。
デジタル星景での新ジャンルを開拓しておられますね。
過去記事を拝見していると綿密なロケハン等、なかなか一筋縄ではキマらない難しさというものがよく伝わってきます。
冷却デジカメについて、私の記事を取り上げて頂いて恐縮です。私も5D後継機の冷却化を狙っているのですが、フルサイズの超高画素モデルは魅力的ですよね。これを手に入れたら、私も所有の冷却KissDXを星景等に使いたいと思っていますので、その際は色々アドバイス等頂けたらありがたいです。

投稿: よっちゃん | 2007/09/08 05:06

こんにちは。初めまして。
わざわざ私のブログにお越しくださいましてありがとうございました。何より、断りなくリンクしてしまい恐縮です。
山中さんのHPはいつも興味深く拝見しています。特にアンドロメダは圧巻でした。いつも熱心な撮影姿勢と、画像処理の丁寧さには頭が下がります。こちらこそ、いろいろアドバイスいただきたいです。

投稿: 東山 | 2007/09/08 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷却EOSkissDX:

« ブラック星博士 | トップページ | 2008年8月、ロシア・中国皆既日食 »