« NikonED10cmF12は51万9000円 | トップページ | 天体写真用カメラレンズレビュー »

2007/06/27

ステライメージの「現像」

久しぶりにステライメージをいじくりまわしている。いまさらながら、「『ベイヤー配列』は恒星の処理のためにある」ということを知った。

このソフトは、生データたるRAWファイルを読み込む際、自動的にカラー&階調処理してくれる「現像あり」か、素のデータそのものの「ベイヤー配列」かを選べる。「現像あり」はほとんど機械がやってくれてカンタン。一方、「ベイヤー配列」は自由度が高く、極めれば自在な画像処理ができる、という。

実はこれまで、この「ベイヤー配列」を使ったことがなかった。どうにもこうにも、自由度が高すぎて色合いがうまく出ないのである。実際使ってみても「現像あり」で十分キレイ、と思っていた。

ところが、前回EF300mmF2.8Lで撮影したNGC7000を「現像あり」で処理するに及んで、恒星が極端な強調をされていることに気づいた。

恒星の中心は白飛びして、星のエッジは逆に落ち込みすぎて星雲より暗くなっている始末。どうやら、シャープをかけすぎる処理になっているようだ。ここ1年の星ナビを引っ張り出して古庄さんの連載を読み返してみると、「星雲だけでなく、恒星の描写にも気を使うべし」という趣旨が。そういうことだったのか。

で、「ベイヤー配列」で一晩悪戦苦闘した結果、恒星の描写は狙い通り。左が「現像あり」のギラギラ星。右が「ベイヤー配列」→「デジタル現像」です。星雲もだんだん「現像あり」に近い描写ができるようになってきた。あとちょっとだな。

Beyer

|

« NikonED10cmF12は51万9000円 | トップページ | 天体写真用カメラレンズレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステライメージの「現像」:

« NikonED10cmF12は51万9000円 | トップページ | 天体写真用カメラレンズレビュー »