« CS3 | トップページ | みっしょんいんぽしぶる »

2007/05/11

デジタル一眼どないしょ?

現在使っているカメラはキヤノンの5Dと20Da。これでかなり満足はしているんだけど、昨今の情勢を見ているとそろそろ時代遅れの感も否めなくなってきた。さて、どうするか。

5Dは出力画像がすごい。20DaやD200といったAPS-C系カメラ(素子の大きさは5Dの半分以下)でも十分キレイな画像は吐き出してくるけど、PCに取り込んだ瞬間「すげぇ」と思える画像はこいつでしかお目にかかったことがない。

フィルムで言うと、中版や大版の生ポジを見るような感動を覚える。実力も中版クラス以上だと思う。

一方で、20DaはライブビューとHα(赤い星雲が出す赤外の光)の写りが特筆だ。キヤノンが自ら20Dを改造して、名前に「a(astronomy)」と付けただけの事はある。

まぁ、Hαに関しては透過率40%程度なので、所詮そこそこなのだが、ライブビューはもう手放せない。300mmF2.8とかでもピントが合う。下の画像は木星とその衛星を撮影したもの。

Jupiter

ちなみにガニメデとカリスト(たぶん)には回折リングも見えている。教科書みたいな写りが素敵。

総合するに、ライブビューをつんだフルサイズ機種(5Dの後継機か)をHαも写るように改造するのが最強と思われる。

問題は、販売が早くても来年以降ということだろう。かといって1DMarkIIIを後戻りできないHα改造してしまうのは、さすがに勇気がない。フルサイズでもないし。

5DをHα改造しちまうかなぁ。それも遅きに失した感が。と、最近悩んでいるのです。

|

« CS3 | トップページ | みっしょんいんぽしぶる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル一眼どないしょ?:

« CS3 | トップページ | みっしょんいんぽしぶる »