« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/25

TC1000タイム更新

ナイトスポーツの走行会に参加して、筑波サーキット1000に行ってきた。ここは昨年10月27日以来だ。相変わらず嫁にカメラを渡してビシバシ撮ってもらった(下の写真は車載)。

Fc2

この日はよく晴れ、気温も下妻市で24.8度と暑くなった。15分の走行を終えると、パンツまで汗ぐっしょりである。

で、4本走ってそれぞれのベストラップは41"786、41"755、41"400、41"709。前回初めて走って41"604だったので、ほとんど伸びていないような、気温差を考えると伸びたような・・・??

写真下の第1ヘアピンはだんだんわかってきたけど、相変わらず最終コーナーがよくわからない。ここさえわかれば、40秒台も見えてくると思うのだが。でも、39秒台は遠いなぁ・・・

Fc1

《覚え書き》 F245/40/17, R255/40/17 A048(G/S)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/22

ペンティアム4の温度を下げる

発熱がすさまじいことで悪名高いペンティアム4だが、先日、とあるブログを見ていたら、驚くべき記述があった。

曰く、「私が使っているCPUもPentium4-3GHzなのだが、温度はいつも36~38度。パッシブダクトでケース外の空気を直接CPUに当てているので抜群に冷えている」

ほんまでっか!? 私のも3GHzだけど、常に50度くらい。コンポジットプログラムを走らせると65~70度くらいまで上がってしまう。これは早速試してみねば。

で、薄手の段ボール箱をカッターとセロテープで加工してこんなん作ってみた。円形の穴は直径約90mmで、cpuクーラーにごそっと刺さるようにしている。

Duct2_3

流体力学は大学院のときに多少いじくりまわしたが、真空中のプラズマばかり扱っていたので1気圧の空気のことはよくわからん。ただ、経験則を聞くと、とにかく温度差のある空気というのはちょっとした隙間からでもどんどん入り込んでくるものらしい。よってなるべくぴったりと、でもファンとは絶対接触しないようにせねばならん。

そして、ケースファンを取っ払って、背面から外気を導入するようにした。ケースファンは前面に移動して、自己初の前面排気である。

Duct1_3

さて、電源を入れてみると・・・前面に移動したケースのファンが共振してうるさいのなんのって。とても耐えられないので配線を外して消えていただいた。

さて、仕切りなおして電源オン。CPU温度は・・・41度とかである。これはすごい。コンポジットプログラムを走らせても50度半ばくらいまでしかいかない。何もせずに放置しておくと、39度とかだ。

さらにケースファンがなくなったことで、えらい静かなマシンになった。ま、CPUはよくても、HDDとかは冷えない可能性があるのでちょっと様子見だが、個人的にはほとんど革命に近い。これはホントにお勧め。熱暴走でお困りの向きには、ぜひ試していただきたいチューニングである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/19

5万円でXPノート

5万円でXPノートを入手せよというこのキカク。DELLあたりだと6万円台からあるにはあるものの、officeが高くて(+2万円前後)ネックになっていた。

こういう時にはヤフオクである。「XP 512 office」で検索してみると(512はメモリ512MB)、最安値で8万円くらい。だが、office2003単体だと1万円弱で入手できることがわかった。なら、別々に入手したほうが1万円くらい安くなりそうだ。

改めて「XP 512」で検索すると、日立フローラの法人向けデッドストックが6万2000円程度で手に入ることがわかった。cerlon1.5G/512MB/40GB/DVD/15inchiTFTと、ネットや文書作成には十分なスペック。これならトータル7万円でどうにかなりそうである。

で、ぽちっと入手。あとはofficeだ。

その夜、職場でヤフオクを眺めていたら、シャープのPC-CS40Lの中古が終了時間を迎えようとしていた。なかなかの美品でoffice2003つき。cerlon1.8G/512MB/80GB/DVD/15inchiTFTと一回り上のスペック。なにより真っ白な筐体が素敵だ。どうせofficeに+1万円するし、5万円以下なら悪くないなぁと、ぽちっと入札してみたら、4万8500円で落札できた。

Cs40l

で、いま、手元にノートPCが2台ある。。。あるよねぇ、こういうこと(え? ない?)

ま、フローラのほうは新品なのでまたヤフオクに出すとして、CS40Lはなかなか気に入った。HDDから直接、えらい簡単にリカバリできるし、デフォルトのパーティション分割(Cドライブ60G、Dドライブ20Gとか私は大嫌い)もやめた。

出荷状態で入っているうざいインターネット接続ツールのたぐいをすべてアンインストールして、ヤフーツールバーをgoogleツールバーに変更。ライセンスが一つ余っていたウイルスバスター2007を導入して、趣味でgoogleEarthも入れてみた。cerlon1.8Gでも結構ぐりぐり動く。

今回思ったのは、とにかくVistaの波が押し寄せてきているということだ。XPはどんどん駆逐されつつある。98SEもいい出来だったけど、XPを初めて導入した時は、その簡単さに感動した。windows史上、最もまともなOSが失われつつあるのはとても悲しい。

現状のPC情勢を鑑みるに、次にOSを変えるときはOS Xに行くと思う。MacProもintelになって安くなったし。なんといっても、BSDベースってのが安心だ。

そのまえに、ちっちゃいモバイルPCをXPで1台つくりたいな。16GBのCFが安くなってきてるから、VAIO PCG-U3のHDDを16GあたりのCFに換装したら面白そう。目指すは爆速起動のウェブ閲覧マシン。ウルトラマンPCの復活でも、目指してみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/13

みっしょんいんぽしぶる

先日、田舎の父親から指令があった。なんでも、仕事場に置いておく2台目のパソコンが欲しいから見繕え、とのこと。自分でも調べてみたが、ようわからんらしい。

VistaはイヤだからXPのノートを探せという。メモリは512MB以上、officeも2003でいいから必須らしい。還暦を過ぎたじいさんにしては、なかなか頼もしい要求である。で、予算は?

「新品を片手(5万円)程度で」

おいおいおいおいおいおい。

そりゃ、いくらあなたの息子がオレ様でも、なかなか難しいものがありましてよ。それに最近のノートPC市場なんてよう知らんし。2006年冬モデルなんて、まだ残ってんのかなぁ?

で、まずは基本通りDELLやEPSON DIRECT、Lenovoとかのメーカーダイレクト系とkakaku.comあたりで情報収集してみた。秋葉原系の店のHPも眺めてみる(東京に住んでいるとはいえ、秋葉原まで行くのは面倒くさい)。

結果を総合すると、どうにもofficeがネックだ。インストールするだけで+2万円はする。それに最近は、OSにXPをチョイスすると逆に高くなったりする。うぅむ。ますます気にいらねぇぜ>MS

「あ~、もしもしパパン? 中古ならどうにかなるけど、それでも5万円以下だとかなり古臭いのばっかり。新品で片手は難しいよ。最低8万円はするなぁ・・・」

「そうか~」といったんは引き下がった親父殿。そしたら今日、携帯にメールが。

「7万円台ならよしとしよう」

いや、おれから値切られても・・・つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/11

デジタル一眼どないしょ?

現在使っているカメラはキヤノンの5Dと20Da。これでかなり満足はしているんだけど、昨今の情勢を見ているとそろそろ時代遅れの感も否めなくなってきた。さて、どうするか。

5Dは出力画像がすごい。20DaやD200といったAPS-C系カメラ(素子の大きさは5Dの半分以下)でも十分キレイな画像は吐き出してくるけど、PCに取り込んだ瞬間「すげぇ」と思える画像はこいつでしかお目にかかったことがない。

フィルムで言うと、中版や大版の生ポジを見るような感動を覚える。実力も中版クラス以上だと思う。

一方で、20DaはライブビューとHα(赤い星雲が出す赤外の光)の写りが特筆だ。キヤノンが自ら20Dを改造して、名前に「a(astronomy)」と付けただけの事はある。

まぁ、Hαに関しては透過率40%程度なので、所詮そこそこなのだが、ライブビューはもう手放せない。300mmF2.8とかでもピントが合う。下の画像は木星とその衛星を撮影したもの。

Jupiter

ちなみにガニメデとカリスト(たぶん)には回折リングも見えている。教科書みたいな写りが素敵。

総合するに、ライブビューをつんだフルサイズ機種(5Dの後継機か)をHαも写るように改造するのが最強と思われる。

問題は、販売が早くても来年以降ということだろう。かといって1DMarkIIIを後戻りできないHα改造してしまうのは、さすがに勇気がない。フルサイズでもないし。

5DをHα改造しちまうかなぁ。それも遅きに失した感が。と、最近悩んでいるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/09

CS3

PhotoShopCS3が発売された。

Cs3

通常版は10万円。Elementsからのアップグレードは8万5000円。うぅむ・・・欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/08

富士山にのぼる夏の星座

Fuji

GW前半は富士五湖畔を巡っていました。月が大きかったので、構図をにらみながら山中湖から本栖湖へ転戦。この風景はいわゆる、旧五千円札の構図ですね。

短時間露出の画像を大量にコンポジットする星景写真は、都会でも星が写せるだけでなく、空が暗い場所では絞りをあけ、さらに高感度で撮影できるということでもあります。

今回はその実験として、F2.8、ISO400で1時間27分分コンポジットしてみました(午前3時前には空が明るくなって強制終了です)。

結論として、確かにすごく写るけど、写りすぎてて不自然・・・絵みたい。やっぱり、この手法は流星群向けかもしれません。。。

2007/04/30 1:23:49, Canon EOS 5D, EF24mmF1.4L -> F2.8, ISO400, jpg-Fine, 14sec (interval 1sec) x 346 frames, total 1h27min, GITZO 1329MkII

ちなみに、下の画像は5分分です。こっちのほうが自然かなぁ??

Fuji_5min

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/05

晴れず

Moon55

GWは富士山近辺と長野に行ってきました。月が大きいのは覚悟していたのですが、それ以上に晴れず。いや、晴れ間はのぞいたものの、透明度が悪くて・・・

CanonEOS20Da, EF300mmF2.8L IS, F4, ISO100, 1sec, IS-on, jpg-Fine, MitakaGN-170, PhotoShpoElements3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/01

六本木ヒルズとさそり座

Hills

久しぶりに抜けるような晴天。撮影場所も変えて再びトライし、ようやくヒルズと星空の撮影に成功しました。

今回は夜空の明るさもさることながら、ビル群の中から森タワーがうまく見えるポイントを探すのにえらい苦労しました。撮影に失敗した日も含めてロケハンに3晩。最終的にこの場所は、グーグルアースから探し出しました。建物の高さもシミュレーションとほぼ一致。世界中を網羅したこんな強力なツールがフリーでダウンロードできるとは。それはそれでえぇんかいなという気はしますが・・・

Hillsge

撮影データ : 2007/04/29 0:04 -> 3:59  total 3h22min

CanonEOS5D, EF24mmF1.4L -> F4, ISO100, jpg-Fine, 9sec (interval 1sec) x 1410 frames, GITZO 1329MkII, TC-80N3, MyBatteryExp 8800mAh,

Using ImageMagick & KikuchiMagick for composite lighten, and PhotoShopElements3.0

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »