« 天文ガイド5月号に「汐留に降る星」 | トップページ | 月齢3.6 »

2007/04/08

ISの効果

お正月に月を撮影して、キヤノンの手ぶれ補正 IS (ImageStabilizer)の効果を確かめた。その後、とあるメーリングリストでISに関する話題があり、再確認するためにより細かい実験をしてみることにした。

その疑問とは、「以前のISは三脚使用時に誤作動する傾向があったが、本当にその問題をクリアするようになったのか」である。

実験に使用したのは、キヤノンEF300mmF2.8LIS(シリアルナンバーはUU11**で昨年11月製と思われる)とキヤノン20Da、ジッツォの3型カーボン三脚G1329MkIIと5型用雲台G1571である。三脚に関しては、これ以上優秀なものはほとんど存在しないと思う。

また、シャッターを押す際にはリモートコントローラーTC-80N3を使用、ピントは20Daのピントスルーの20倍を使ってMFで合わせた。以下の数字はそれぞれ、シャッター速度である。

   1/2秒      1/4秒      1/8秒      1/15秒      1/30秒

Iseffect 

絞りによる画質の変化を排除するため、絞りはF2.8に固定。露出はISOを100から1600にすることで合わせた。その画像から160×100ピクセルを当倍で切り出したのが上の画像だ。もちろん、上がIS-ONで下がOFFである。

自分でも驚いたが、想像以上の効果である。っていうか、耐加重が12kgあるジッツォのほぼ最高峰三脚でも、これだけのブレが発生するということにちょっと引いた。

OFFだと1/2や1/30のブレが大きく、1/8で比較的少ない。通常、このあたりが最もぶれが大きいと聞くが、APS-Cシャッターの固有周波数の関係だろうか? それに対してONではほぼ一定の画質が保たれていることに驚く。

カメラをゆすってみると、最もやぐいのはレンズの三脚座のようだ。確かに、天文屋的な見方では、話にならないような細さである。こいつで長時間露出する際には、フードあたりにもう一本支えが要りそうである。

|

« 天文ガイド5月号に「汐留に降る星」 | トップページ | 月齢3.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISの効果:

« 天文ガイド5月号に「汐留に降る星」 | トップページ | 月齢3.6 »