« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

千鳥ケ淵の春

Chidorigafuchi_1

皇居の北西側にある千鳥ケ淵は、東京有数の桜の名所。頭上にも、対岸にも、水面にも桜、桜、桜。満開まであともう少し。

  • 2007/03/29 2:42 -> 4:37, 30sec X 230frames, total 1h55m
  • Canon EOS 5D, EF16-35mmF2.8L -> F4, ISO 100, jpg-Fine,
  • Canon TC-80N3, JTT MyBatteryExp 8800mAh, GITZO 1329MkII

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

レガシィ

Bg9

我が家の主力戦闘機レガシィBG9(通称レガオ)の車検時期が今月である。通すか否か悩んだ末、結局通すことにした。10年選手で走行距離13万kmの老体だが、こいつがいないと何かと困る。比較的新しい車体だったらユーザー車検で通すのだが、今回はディーラーに任せることにした。

作業内容は以下の通りだ。

  • 法定費用   重量税37800円+自賠責31720円+印紙代1100円
  • 24ヶ月点検 車検整備、スチームクリーニング、機器使用料など38700円
  • 発煙筒交換    700円
  • エアクリーナー交換 2600円
  • オイルにじみ修理 工賃12000円+部品代9820円
  • フューエルフィルター交換 工賃4800円+部品代4840円
  • ブレーキフルード交換 工賃2600円+フルード代1100円
  • ブレーキ分解清掃給油 工賃3000円+クリーナー&グリス2000円
  • ワイパーゴム交換 1750円
  • オイル交換 工賃6100円+エンジン&デフ&ATF&AWD&ガスケット9300円
  • オイルフィルター交換 工賃1300円+1200円
  • クーラント交換 工賃3200円+2600円

これに車検代行手数料や消費税などがあって計191000円である。

ここで黄色は車検を通すには避けて通れぬお国へのお布施、緑色はまぁ、2年に1度くらい交換しておいて損はないというものだ。フューエル(燃料)フィルターは10万kmに1回で十分なのだが、前回の車検で交換されているかどうかわからないので交換になった。エアクリーナーも趣味の範囲だと思うが、値段も誤差の範囲である。

で、24ヶ月点検と車検代行費の計約46000円がディーラーへのお布施だ。車検を安く済ませるには、ここの部分を安くするしかない。ここで緑色の部分をケチると、あとあとトラブルが発生しやすいものである。

ユーザー車検はこれを自分でこなすために安上がりになる。しかし、そのために自分で整備をして車検場に持っていく手間と時間も考慮せねばならん。また、個人での整備では、赤色のオイルにじみなどは、とかく目をつぶってしまいがちである。

それでも、多少のオイルにじみなどは検査の直前にちょちょっと拭いてごまかせる。もう2年くらいなら十分乗れるだろう。排ガスの検査に引っかかって、エアフロを半分外したままラインを通したりすることでスキルはあがるものだ。ヒマはあるのに金がない学生のような向きには、ぜひユーザー車検に挑戦してほしい。想像以上にカンタンで、車検場のおっちゃんたちは親切なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/22

1D MarkIII は7段階までブラケット可能に

1d

5月に発売される Canon 1D MarkIII は、露出ブラケットが、ファンクション設定で5段階と7段階も選べるようになるようだ。これまでの機種は-1、±0、+1とかの3段階しかできなかったが、今日、キヤノンのサービスに電話して確認した。

これはキヤノンのデジカメとしては恐らく初の快挙である。3段階を超えるブラケットはこれまで、20D系はもちろん、5D、1Dsですら不可能だった。一方、ニコンはこの辺がきちんとしていて、D200でも3~9段階に設定できる。

多段階の露出ブラケットは、日食のコロナ撮影で必須だ。内部と外部コロナの輝度差があまりに大きいため、通常、露出を1000~8000倍変えて(絞りで9段から13段に相当)撮影しないといけない。

多段ブラケットが出来ない機種では、撮影を自動化できずにカメラの前に座っていなければならなかった。これが苦痛なのである。リビア日食を例に挙げると、60万円の旅行代金で皆既時間は4分ほど。1分15万円、1秒2500円である。少しでも黒い太陽そのものを見ていたいのに、露出の制御に1分も2分もとられるのはかなわないのだ。自動化できるようになれば、双眼鏡ででも肉眼でも日食は見たい放題。これはうれしい。

問題は、この「7段階」という微妙な設定・・・なぜ9段階でないのか? 液晶の表示問題を考えても、2桁にならない9段階にするのは容易なはずだが。。。ま、ファンクションで白とびを防ぐ「高輝度限界までの範囲が約1段分拡張」機能が設定できるようなので、事実上14段階といいたいのかな? それでも9段階まで設定できて、事実上18段階となるほうがはるかにうれしいけど。

それにしても、5Dと同じ7.2μm平方の巨大CMOSといい、ライブビューといい、多段階ブラケットといい、天文心をくすぐるマシンである。今後、1DsMk3や5D後継機(3D?)にもこの路線が継承されることを強く願う。でもそれらが登場する前に、私は1Dmk3に

 イ ッ テ し ま い そ う デ ス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

新「ニューアトラクス」赤道儀

Newatlux

スカイセンサー2000PCの製造中止に伴って生産が止まっていたビクセンのニューアトラクス赤道儀だが、明日から始まるPIE2007で新型が発表されるようだ。

ビクセンのHPにはまだ告知がないものの、CATではすでに6月発売として受付が始まっている。画像を見る限り、GP2シリーズのようにスターブックに対応するらしい。

SX-Dの新発売といい、最近のビクセンはとても元気だ。アトラクスも形が好きな赤道儀だし、スカイポッドもお遊び用に欲しい。GP2用のスターブックも面白そうだ。それよりなにより、久しぶりに暗いところで星が見たい。早く4月が終わらないかなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS 5D にレンズキット

キヤノンが 5D と 24-105mmF4L IS とのレンズキットキャンペーンを始めた。この応募時期がなんと今年の10月末まで。これで今秋の5D後継機発売は、ほぼなくなったといえる。前回シミュレーションした戦略は、ゆっくりバージョンとなることで当確だろう。

と、いうことは、今秋に出る30D後継機(50D?)はKissDXと同じ1010万画素。それに秒5コマ、DISIC III 、3インチ液晶、ゴミ取り機能搭載ってところか。問題はライブビューを積んでくるかどうか。ま、例え積んだとしても、820万画素の20Daから強いて乗り換えないといけない理由もない気がする。逆に、20Daの価値がそんなに落ちないから、あえて売ってしまうというのもありか。

で、1DsMarkIII の発売も、遅れるんやろうなぁ。あ、その場合の画素数は2560万画素、来春以降の5D後継機は2100万画素で当確ってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/20

三鷹光器 GN-170

Gn170_2 仕様(取扱説明書より)

  • 移動型ドイツ式赤道儀架台
  • 恒星時追尾用モーター内臓(水晶発振式、PLL駆動システム)
  • 追尾精度 ±3.5”以内
  • ウォーム・ホイール 歯数430枚
  • ウォーム・ネジ  焼入れ後研磨加工仕上げ
  • 電源 DC7~12V
  • 単二乾電池(8本使用)内蔵型
  • 総重量 約27.6kg(三脚タイプ、バランスウエイト[小]付属の場合)
  • 搭載重量 不動点より250mmの位置で最大15kgまで

使用感

10kg以下の機材を乗せて使うには最高の赤道犠だと思う。 電池やモーターは内蔵。ウエイトを少なくするため、赤緯軸の反対側に集中した重量物。 現在では当たり前となったアリ型・アリ溝の採用。 スイッチを入れればコントローラーなしで恒星追尾する簡素さ。 そしてスカイメモ用極軸望遠鏡と三脚を張力で固定するシステムによって、 セッティングがものの10分で終わる素早さ。

移動型赤道儀で必要な技術を、この時代にすべて投入した設計思想には感銘を受ける。

微動が独特で、自動導入に対応しにくい問題はあったが、 デジタルが普及して露出時間が短くなった現在、死角はないと思う。 難点は、出っ張りが多くて収納しづらいことか。 おそらく手放すことのない、珠玉の機材になっている

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/03/18

東京駅その2

Terminal2

先日アップした画像はコンポジットを済ませた生画像だったので、星を強調したものを再掲。以前は5倍や9倍、13倍まで強調していたが、今回はシャープネスにこだわって3倍までとしてみた。HPにアップするような小さな画像だと、やっぱりちょっともの足りないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/15

東京駅 - Tokyo Terminal -

東京駅の丸の内口は、新幹線や高速バスが発着する八重洲口と違い、夜になると人通りも少ない。皇居を見据える正面玄関のライトアップも、午後9時で消えてしまう。そして、夜空の星が、静かに存在感を示し始める。

Terminal

2007/03/12 19:38 - 23:40, 3sec(interbal 1sec) X 3600 frames, total 4h02m

Canon EOS 5D, EF16-35mmF2.8L (16mm), F5.6, ISO100, jpg-normal, 6GB MicroDrive, GITZO G1329MkII

絞りを5.6、感度を100として、これまでより2段分明るくした。その分、露出時間は3秒となり、6GBのMDを使っても撮影できるのは4時間までとなった。この画像の星は未強調。また、今回は星空部分のみをコンポジットし、前景は1コマだけにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/06

天文ガイドに「東京タワーの夜」

4月号の「超長時間固定写真コンテスト」にここれが入選しました。2006年12月号で紹介されたときは否定的なコメントも見受けられたので結構不安だったのですが、今回は好意的な内容でした。

どの作品もセンスがにじむのですが、中でも新潟県三条市の渡辺さんの作品はいつもながらおしゃれですね。新潟には昨年まで住んでて痛感しましたが、あんな晴れない県で毎月のように撮影してるみたいでホントにすごいです。私も負けないようにがんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »